UR

2016年01月29日

甘利後任、石原伸晃氏、正直かなり意外でしたが・・・

250px-Ishihara_Nobuteru_-_Wakaba_Station_-_20100703
Wikipedia

甘利大臣の後任に、まさかの石原伸晃氏という安倍政権の一手

甘利大臣の辞任によって後任に石原伸晃衆議院議員が新大臣として任命されました。そして、週刊文春の年明けからの無双が続く展開となっています。

それにしても、石原氏の入閣には驚かされました。2014年以降、石原派は石原氏本人も含めて派閥所属議員全員が安倍政権によって「干されてきた」経緯があり、安倍政権にとって最重要閣僚に石原氏を任命したことは意外な展開といえるでしょう。

政治とカネの問題、党内不満分子の吸収、オリンピック利権の3つの要素をクリア

石原伸晃氏は直近まで本人が環境相を務めていたため、緊急を要する閣僚人事にとって最も重要な政治とカネの問題が発生しない、という重要な要素をクリアしています。週刊誌メディアは政治とカネで辞任した大臣の後釜に関しては、血眼になって金銭スキャンダルを探すでしょうから手堅い人事です。

また、重要閣僚辞任によって発生する安倍政権に対する潜在的な不満の噴出を封じる効果も大きいものでしょう。石原氏を政権に取り込んだことで、安倍政権に対して批判的な旧山崎派の領袖を政権に組み込んだことになります。自らのスキャンダルで辞任した旧山崎派の双頭である甘利派はともかく、安倍政権としては夏の参議院議員選挙に向けて挙党体制を構築したと言えるでしょう。

さらに、本人事は東京都の自民党との関係を良好にする狙いもあると捉えるべきです。自民党の党本部と東京都連は伝統的に緊張関連にあり、都内には有力な自民党国会議員が何名もいますが重用されない傾向があります。しかし、東京都の自民党で中心的な役割を果たしている石原氏を取り込むことによって、オリンピックなどの重要イベントを抱える東京都連を抱え込む意味合いがあるものと推測されます。

驚きの人事ではありましたが、政局運営という点ではバランスの取れた人事であり、安倍政権が参議院議員選挙に向けて博打ではなく安牌を打ってきたということになります。

野党の追及は、国土交通大臣とURにシフトしてく難しい局面に

甘利大臣の早々の辞任によって、野党の追及は国土交通省とURに向いていくことになるでしょう。甘利事務所との密接なやり取りの記録が明らかになったことで、同事件は甘利事務所の問題ではなく国土交通省全体を巡る疑獄事件に発展する可能性があります。

特に甘利事務所が仲介した告発業者の背景に関する問題はいまだ解決されておらず、国土交通省が適切な処理をしたと強弁したところで、同省とURが如何わしい筋の関係に多額の金銭を支払ったことが発覚した場合、国土交通大臣の首も危ういことになるかもしれません。

国土交通大臣は公明党の指定席となっているため、国土交通省の問題が深刻化した場合、自公連立政権の屋台骨を揺るがす事態が発生することになるでしょう。野党にとっては甘利大臣という標的がいなくなっても、更に大きなポイントを稼ぐチャンス到来ということになります。

国会の追及がいずれの方向に向かっていくのか、野党の次の一手が政局を大きく左右することとなることは間違いありません。夏の参議院議員選挙に向けて甘利氏の問題以上に面白い局面となってきました。

公明党の深層 (イースト新書)
大下英治
イースト・プレス
2014-06-08


公明党vs.創価学会
島田裕巳
朝日新聞出版
2013-12-20


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:25|PermalinkComments(0)