FB

2015年12月02日

誰がザッカーバーグからFB株99%を取り上げたのか?

a0006_001002

ザッカーバーグ夫妻が保有株式の99%を寄付することを表明

FACEBOOKのCEO・ザッカ―バーグさんが同社の保有株式の99%を手放し、慈善団体に寄付することを表明しました。450億ドル(時価5兆5300億円)の莫大な金額の寄付を宣伝したザッカ―バーグ夫妻は、過去にも数1000億円以上の寄付を行ってきた経緯があり、慈善活動に熱心な起業家として知られています。

今回は、ザッカ―バーグ夫妻自身が保有するFB株売却の税引き利益を活用し、不平等の是正、変革のための技術、医療、教育などの分野に長期投資を行う計画を発表しています。

ザッカ―バーグ夫妻が愛娘の誕生に際して送った手紙

今回ザッカ―バーグ夫妻が巨額の寄付を行うきっかけになった出来事は夫妻に愛娘が誕生したことです。夫妻はFB上で愛娘に対する手紙をしたためており、同社のサービスを使った粋な寄付表明を行っています。手紙の全文は下記から見ることが出来ます。

ザッカ―バーグ夫妻の手紙全文(英文)

手紙の内容は、様々な社会問題について触れられており、お子様に良い世界を残したいという願いが溢れており、非常に倫理的な内容の伴ったものとなっています。

大富豪から所得の再配分を実現できるのは政府ではなく倫理だということ

大富豪は様々な節税対策を実施することも可能であり、またそれ以上に資産が増やしていくことが可能であるため、政府の徴税機能では社会のために十分な所得再配分などを実現していくことは困難です。

そして、彼らは政府に納められた税金のようにいい加減な資金の使い道は許容せず、しっかりと世界のために本当に繋がるような寄付の利用使途を求めます。

彼らに資産の大半を寄付に回すことを了解させるのは政府ではなく「倫理」でしかありません。所得の再分配を真に意味がある形で実現していくのであれば倫理の回復を優先して行う必要があります。

ザッカ―バーグ氏は世界の富豪が参加している「生きている間または死後に自分の富の半分以上を慈善事業に寄付する」という「Giving Pledge」にもサインを済ませています。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 10:51|PermalinkComments(0)

2015年11月18日

切捨御免!長谷川豊さん、FBの仏国旗化を理解できない人へ

svg


仏国旗のFBペイント化を巡る稚拙な言論が溢れています

フランスで起きたテロに関して、仏国旗のFBペイント化について日本国内で様々な議論が起きています。しかし、有識者とされる人々の議論のレベルの稚拙さに閉口しています。 特に「笑顔の写真にフランス国旗をかぶせることが不謹慎か否か?」という、田舎の町内会レベルの議論が堂々とまかり通っていることには引いてしまいます。

たとえば、Facebookのプロフィール写真をペイントしている偽善者たちに捧げる4つの視点(長谷川豊さん)など、は大学の基礎教養から学び直すことをお勧めしたいものです。メディアで影響力がある人々にはもう少し自覚をもってほしいものです。今回はFBトリコロール(仏国旗化)への稚拙な意見を切捨御免させて頂きます。

物理的な現象としてしか「死」や「事件」を理解できない人々

テロ発生後、「レバノンでもテロ被害者がいる」「エジプトでも航空機テロがあった」「フランスの空爆もテロだ」などという様々な意見が飛び交い、FB写真にフランス国旗をかぶせることを揶揄する人々が現われました。

心情としては分からないでもない話ですが、教養がない人々の戯言だと思います。もしくは、「テロが何のために行われているのか」を理解していないと言い換えても良いです。

無理解の原因は「物理現象としてしか『死』や『事件』を理解できないこと」に起因しています。

「どの場所で何名の人が亡くなったか」という物理的な話と「発生した『死』や『事件』にどのような意味があるのか」ということは、たとえ同じ事象を指していたとしても全く異なるものです。

そして、今回の件でFB写真のトリコロール化について、上記の理由で反対している人は両者の区別がついていないか、または後者の『死』や『事件』の意味を理解できていない人ということになります。

テロリストが狙っている標的は「文明」という形而上のシステムである

テロリストが狙っている標的は、「西欧文明」、つまり自由主義・民主主義に基礎を置いた近代文明そのものです。西欧文明の価値観を象徴する場所として「フランス」・「パリ」は重要な意味を持ちます。

そのフランス・パリで起きた事件に対して反応することは、自由主義・民主主義側の文明に属している現代日本人が反応することは至極当然です。

なぜなら、今回のテロはテロリストと西側文明に属する人々の価値観を巡る戦いの延長線上に位置するものであり、何よりも「自らの価値観を表明する」ことが政治的・社会的な意味を持つからです。

自らが属している文明の価値観を守る意思表明が「仏国旗化」であり、テロリストが壊そうとした文明が崩れていないことを示す意味があるのです。

FB写真を単純にお悔やみの意味で仏国旗化した人も多いかもしれませんが、仏国旗化する行為には優れて政治的・社会的なメッセージであることを知るべきでしょう。ネット上の自由な言論空間の中で育ってきたFBがフランス国旗化を利用者に進めることは必然的なことなのです。

従って、フランス・パリのテロ以外で反応しないことも理にかなった話であり、それらを無意味な行為と揶揄する人は「テロリストが何と戦っているのか」という本質を掴んでいない政治的な感性が鈍い」人です。
 
目の前で起きていることの意味を解釈しようとする矜持

「〇〇で何人が亡くなりました」という情報を並べて相対化する人は、西欧文明に属する人々とテロリストの対立構造を全く理解できていないということになります。

つまり、自らの認識が何らかの文明と接続されておらず、毎日を飯を食って死ぬだけで過ごしているということです。もちろん、人生は自由なのでそれでも構わないですし、上記の形而上の理解を経た上で自分は仏国旗にはしない、という信念を持って批判される人も問題ありません。

いずれにせよ、文字や言葉を仕事にする人々にはもう少し「教養」を持ってほしいものです。目の前の事象の垂れ流しや感情論ではなく、事象に対する意味解釈を行う矜持を持った人材が望まれます。子どもではないのだから。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 17:00|PermalinkComments(0)