2000万円

2015年12月25日

切捨御免!イケダハヤト氏、年商2000万円しかないじゃん

a0002_011580

以前、アゴラで地方消滅がらみで投稿したときに軽くディスってもらえましたw

「地方消滅するんじゃないの?財政移転しなきゃ一発で消滅するでしょう」という投稿をアゴラにしてみたとき、イケダハヤトさんからのお返事の中で、

「地方消滅」論者たちが決定的に見過ごしていること。 --- イケダ ハヤト

「端的にいって、地方消滅論者の人たちは、ビジネスを知らないんですよ。ほら、実際みんな政治家とか学者とか、そういう職業の人たちですよね。彼らが地方の未来について見誤るのは仕方ない。自分でビジネスを作る類の仕事じゃありませんから。」

というお言葉とともに軽くディスって頂きました。この文章の中の「学者」というのが自分ということになりますw

自分は会社経営していますので「学者」のカテゴリーには入らないのですが、かの高名なイケハヤ尊師に触れてもらえたことで多少嬉しかったことも事実です^^

マジでこの人『年商」2000万円だった、年商と所得の区別もつかないのか・・・

しかし、同文章の中にもある「年商2000万円」という文言について、いやいや高名なイケダハヤト氏がしょうもない勘違いして仕方がないなあと、私は勝手に「所得2000万円と間違ってますよ」と思っていたのですが、
 
イケダハヤトさんって、本当に「年商2000万円」しかないんですね。。。
http://www.ikedahayato.com/20151224/50859065.html

率直な感想としては「ただの零細事業者じゃん」ということ。しかも「年商と年収」の話などは「中学生の話」かと思いました。おカネに困らんといっても、彼の年商で得られる所得レベルは「良い大学出て大企業に入りました」と同じ程度の収入で何を言っているんだと。

最初にちょっと嬉しかった分だけにがっかり感が半端ではないです。個人的には小規模零細事業者でも黒字化できているなら経営者としては立派だと思いますが、「なんでこの人もてはやされているのかさっぱりわからん」のです。

ブログ業界への夢が無くなるので少なくとも年商3億円くらいは稼いでほしい

イケダハヤト氏はブログというかアフィリ業界の第一人者ということで、少なくとも年商3億円くらいは稼いでほしいなと。そうしなければ、そこらあたりの不動産屋のオヤジさんに所得が全然かなわないからです。

来年は3700万円とかみみっちい話を本人はされていますが、最低でも1億円くらいには成長させてほしいと思います。第一人者というものは皆に「夢」=「妄想」を与える存在なのだから、もうちょっと頑張ってドリームをばらまくべきではないのかと。

とりあえず、本ブログ主とは駆け出しブログとして、イケダハヤト氏の取り組みが成功してくれることを祈っております^^



 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 07:00|PermalinkComments(0)