自民党

2015年11月15日

自由民主党結党60年、山本勝市「福祉国家亡国論」とともに

山本勝市

写真の人物を知っていますか?(山本勝市先生について)

この写真の人物は山本勝市先生です。著名な経済学者であるとともに、通算5期の国会議員を務めた重鎮でもあります。自民党結党60年に際して、当ブログでは山本勝市先生について触れながらコメントしたいと考えています。

山本勝市先生は戦後におけるハイエクなどのオーストリア学派の日本における研究の第一人者でした。また、鳩山一郎が創設した「自由党」の結党に加わり、その経済政策の根幹に自由経済を据える際に重要な役割を果たし、日本の針路を実質的に決めた人物です。

社会主義や全体主義に対して徹底的に対抗し、戦後日本の黎明期に日本社会の自由を守った人物といっても過言ではありません。

自由民主党が生まれたときに何が起きたのか

1955年、山本勝市先生が所属をしていた自由党は日本民主党と合併して自由民主党が生まれることになりました。その際、現在までに至る病根が自由民主党の中に埋め込まれたことが山本勝市先生の著書である「福祉国家亡国論」の中に記されています。(*絶版なので国会図書館まで行かないと読めません)

同書の中で革新官僚として名を馳せた岸信介氏が幹事長として絶大な権力を振るい、自由民主党の中から自由主義経済の芽を摘み取り、政府が社会を変える様々な「計画」がねじ込まれたことが指摘されています。岸信介氏は現在の安倍首相の祖父に当たる人物です。

山本勝先生が所属していた自由党の党綱領には「計画」という言葉は存在せず、岸信介氏が所属していた日本民主党の党綱領には「計画」が明記されていたことから、その路線対立は深刻なものだったことが伺われます。

自由経済の担い手であった自由党が計画経済の申し子である岸信介氏に飲み込まれた悲劇、それが自由民主党の結党の意味することだったのです。

自由民主党の中に山本勝市先生のDNAは残っているのか

2015年現在の自由民主党は表面的には自由経済の体制の大切さを主張していますが、毎年膨張し続ける政府予算と政府債務の有り様を見れば、旧自由党のエートスはほぼ失われた状況にあると言えます。

自由民主党は岸信介の孫である安倍首相が党首を務めていることからして、もはや完全に岸信介氏に率いられた旧民主党の系譜に当たる勢力によって支配された姿を晒しているわけです。

自由民主党所属議員は結党60年に際して、自分たちの政党ができた過程で何が起きたのか、そしてそれが現在の私たちの生活にどのようなインパクトを与えたのかを問い直すべきです。

自由民主党の中に山本勝市先生のDNAがまだ残存していることを切に願います。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:00|PermalinkComments(0)

2015年11月05日

大阪W選挙、入閣、参議院議員選挙へ(という予測)

Toru_Hashimoto_Ishin_IMG_5731_20130713


本日は大阪府知事選挙の公示日であり、8日の大阪市長選挙と合わせて大阪W選挙のスタートということになります。ただし、報道等の世論調査の状況を見ている限りでは大阪府知事選挙は現職の松井府知事の勝利はぼぼ確定的だと思います。
 
そもそも自民党は大阪W選挙に本腰を入れていない

少なくとも大阪府知事選挙について自民党側は本気ではないことは明らかであり、これには何らかの意図があると勘ぐられても仕方がない状況だと言えます。

自民党が推薦した栗原府議は知事選挙を戦うには知名度などの問題から非常に弱い候補者であり、当然に知事選挙に連動する市長選挙にまで影響を与えることになります。(市長選挙の方は反橋下でTVなどに露出していた柳本市議を擁立したことで吉村氏と勝負にはなると思います。自民党の共産党との協力がどのような結果になるかは興味が尽きません。)

そのため、世論調査で厳しい見通しが出ている市長選挙で維新が勝利することになれば、様々な形で来年の参議院議員選挙に影響を与えることになるでしょう。

大阪都構想の住民投票前から飛び交っている橋下氏の入閣話

大阪都構想の住民投票前から橋下氏の入閣は政界やメディア関係者の間で噂になっては消えてきました。

そして、維新の党からおおさか維新の会を分離して、橋下氏が一旦政界から身を引く形になる現在の状況は橋下氏入閣の可能性が一層強くなってきているものと思います。

市長引退によって橋下氏は時間や身分の制約から解き放たれて自由にメディアに出られるようになります。その上でメディア露出を繰り返し、自らへの期待度を回復させることを通じて政治的な商品価値を高めることができます。

期待感が醸成された段階で自民党側から民間大臣としての入閣を打診されることで、橋下氏とおおさか維新が連立の枠組みに加わることになります。その際の予定されるポストとしては、総務大臣か憲法改正担当大臣など、噂は飛び交うものの真偽のほどは定かではありません。

橋下氏が民間大臣として参議院議員選挙に出馬する可能性

ただし、選挙の得票を背景に持たない民間大臣の政治的な弱さは橋下氏も熟知しているでしょうから、仮に入閣した場合、その後の参議院議員選挙の全国比例区に出馬する可能性も高いと思います。竹中平蔵大臣が民間大臣で入閣後に参議院議員として出馬したときと同じシチュエーションということになるでしょうか。

参議院議員選挙におけるおおさか維新の党の役割は「民主党」らの護憲勢力の比例得票数を削ること、東京・大阪などの大人数が選出される選挙区で民主党の議席を削ることでしょう。これらは自民党単独では難しいため、自民党とおおさか維新の会と橋下氏との利害が一致することになります。

野党が散り散りに分散している状況は、自民党にとって非常に都合が良い状態であり、自民党の政局運営の巧みさが光る昨今の状況となっています。私は上記のシナリオもかなりある話かなと思っていますが、読者の皆さんはいかがでしょうか。

もう一つの可能性としての野党再編という路線

もう一つの可能性としては野党再編も考慮されるべきでしょう。大阪W選挙終了後、大阪府内における大型選挙は無くなります。つまり、4年間のフリーハンドがおおさか維新の会には与えられることになるわけで、彼らが自民党に対して筋を通し続けるかどうかは疑問です。

その際、共産党との連携の是非で動揺している民主党から旧同盟系・松下政経塾系の保守系の議員たちを引き抜き、渡辺喜美氏、みんなの党の残存勢力、次世代の党に声をかけて、新たに保守的な野党を結成する可能性もあります。政治家は簡単に人間関係の良し悪しを乗り越えて離合集散するものです。

いずれにせよ、来年の参議院選挙が終わった後には現在の政権・政党の枠組みは大きく変わっていることになるでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 17:00|PermalinkComments(0)