日本を元気にする会

2016年01月09日

音喜多駿都議会議員には「東京」のために頑張ってほしい

images

ブロガー議員こと、音喜多駿さんの今後に期待する

ブロガー議員として有名な音喜多駿さんが所属している「日本を元気にする会」は昨年末から離党者が出たり、他党と唐突に統一会派を組んでみたりと何やら忙しい感じになっています。昨今の国政選挙は個々の議員を選ぶというよりも、所属政党で決まる仕組みになっているので国会議員の動きは仕方がないものと言えるでしょう。

一方の都政は多くの選挙区で中選挙区制度であるため、政党ではなく人物本位の選挙戦ということになります。そのため、しっかりとした情報発信を行った上で組織を持っている人が生き残ることができる戦場であり、今後の音喜多都議会議員の取り組みに期待したいと思います。

東京都政で「割合投票」を実現することを希望したい

そもそも「日本を元気にする会」が終わったなあと感じたのは、昨夏の安保法制の採決の時、看板だった「割合投票」を捨てた瞬間です。「割合投票」とは党員の投票結果によって所属議員の議案に対する投票行動を決定する、間接民主主義の日本において直接投票の仕組みを取り入れるものでした。

結果として、日本を元気にする会の国会議員は割合投票を行わず、安保法制の修正という選択を選ぶわけですが、自党の理念を捨てた段階で政党としての使命は終えていたと考えることが妥当でしょう。

私が音喜多都議会議員に期待していることは「東京都議会」で「一人の議員」として割合投票を実践してみたら良いのではないかということです。つまり、何らかの方法で、アンケート調査なのか、後援会登録者なのか、によって、自分のコントロールできる範囲から「直接民主主義」を実践してみたら良いと思います。

もはや国会議員に何ら配慮する必要はないので、都政という自分のフィールドで自らが目指した理想に向けてやりたいようにやってみるべきです。

東京都は「一般会計予算7兆円の都市国家」、東京都議会議員の責任は国会議員よりも重いかも?

東京都の一般会計予算は約7兆円、特別会計・公営企業会計を入れると10兆円を超える「一国並みの金額」があります。本来、国政から課されている「東京税」(地方交付税など)がなく、都政に善政がしかれていれば東京は現在よりも遥かに発展した都市になっているでしょう。

そして、東京都議会議員らの意思決定によって、東京都は幾らでも成長もすれば衰退もすると言えます。上記の予算配分などは都知事と都議会の意思決定によって決定します。その予算規模のインパクトは非常に大きいものがあります。先日も舛添知事がパラリンピックのための基金を積み増しましたが、その金額はなんと200億円です。それだけのことがポンとできる力が東京都には存在しています。

能力がある東京都議会議員が存在すれば東京都選出の国会議員などは不要であり、東京都議会議員の代表者らが国会議員を兼務して都市政策の専門家として国政に議席を有しても良いと思います。都議会日程を金~月の夕刻以降で組んで登庁日数を踏まえれば十分可能です。(これはあくまで試論ですが。。。)

東京都議会議員は大都市問題を熟知しており、地方選出の国会議員よりも経済成長などのセンスを磨く環境に置かれています。むしろ、東京都が衰退すれば大多数の地方は経済・財政が破たんするので、場合によっては都議会議員のほうが責任が重いかも?とすら感じます。

いずれにせよ、今後も音喜多都議会議員には精力的に頑張ってほしいですね。

東京一極集中が日本を救う (ディスカヴァー携書)
市川 宏雄
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-10-22



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 09:00|PermalinkComments(0)

2015年12月09日

国会議員の都合で政党が崩壊した地方議員を応援する

kuuki

「日本を元気にする会」の国会議員から離党者が生まれて政党崩壊の危機に

国会議員5人でギリギリ政党助成金の要件を満たしていた「日本を元気にする会」から自民党入りを目指して1名の離党者が出ました。そのため、同党は、他政党に吸収されるか、1名補充するか、政党助成金無しを選ぶか、という状態になっています。

政党助成金無し、という男前な選択は多分無いので、他政党に吸収されるか、1名補充するか、ということになるわけですが、官邸・自民が切り崩した跡が丸見えの同党に入って政権の恨みを買う人はいないと思うので、他党への吸収・合併ということになるでしょう。(その際、割合投票という同党独自のシステムも終わることになります。)

所詮は現在の少数政党は政党助成金目的で作られたものであり、大政党に入党できるなら簡単に消えてなくなるものばかりなので驚くには値しません。

自分が期待している人々は「政党崩壊を経験した地方議員」が積んだ経験である

当たり前のことですが、所属政党が国会議員の都合で崩壊する場合に有権者に事前にアナウンスされることはありません。そして、それは党所属の地方議員にとっても同じであり、ほぼ何の説明もないままに政党の分裂・消滅を後追いで聞かされるだけのこととなります。

その意味で、有権者と地方議員は同じような立場、つまり国会議員の自己保身のための理不尽な行動を目の当りにする立場を共有するわけです。生き残りに必死な国会議員は有権者や地方議員なんて知ったことではないので必然的にそうなります。

その際に、地方議員が「政党、国会議員、有権者の関係なんてそんなものか」と思うか、「有権者に対する完全な裏切りだ」と思うか、によって、その後の歩むべき道が大きく変わっていくことになります。

議員という地位にありながら有権者と同じ立場に立つことができる貴重な経験を生かして、有権者本位のまともな政治の必要性について認識を深めてほしいものです。

地方議員は国会議員よりも有権者に近い立場だからこそ筋を通せる

日本の地方議員は給料が良すぎるために、自己保身のために行動する議員が非常に多い傾向にあります。そのため、所属政党が無くなると右往左往して生き残りを図ることになるわけですが、その姿は自分たちを裏切った国会議員と同じものになっているかを自省するべきだと思います。

たしかに、有権者は地道な努力を必ずしも評価せずにブームになっている政党などに投票してしまうものです。しかし、地方議会議員選挙のレベルであれば、本当に選挙に強く地域からの信頼を得ている人物の当落は変わりません。

自分自身が行った政治選択について自らの支持者にしっかりと伝えることで納得も得られます。そのような経験を通じて、議員として行うべきではない行動について学ぶことができるはずです。それらは国政に至る過程の中で必ず自分自身の糧になると思います。

そのため、自分が所属する政党が突然崩壊してしまった諸氏には、国会議員の理不尽な仕打ちを反面教師として頑張ってほしいと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 07:00|PermalinkComments(0)