外国人

2016年07月12日

増田寛也氏「東京都の外国人参政権の可能性」に言及する発言

a0003_001907

増田寛也氏、「岩手県で外国人地方参政権OK」に改めて言及

出馬会見での「韓国人学校への土地の提供を白紙にする」発言ばかりが先行し、肝心要の外国人地方参政権に関する増田寛也氏の見解に関する報道がほとんどありませんでした。

そこで、本記事では増田寛也氏が出馬会見で改めて示した「東京都で外国人地方参政権を実質的に認める発言」について言及していこうと思います。

増田寛也氏・東京都知事選挙記者会見(外国人参政権言及個所)

まず最初に確認すべきことは、増田氏は「岩手県知事をしていた際に岩手の『地域の声』を聞きながら外国人永住者の地方参政権に賛成」と改めて言及したことです。つまり、増田寛也氏は岩手県知事時代の判断は「地域の声」を聴いた上で「間違っていなかった」と主張しているわけです。

増田寛也の見解では、岩手県民の『地域の声』は外国人参政権OKなんだそうです。初耳だったんですが、現岩手県知事の「達増知事」も踏襲しているんでしょうか、この事実?そして、実際の岩手県民の皆様はいかがお考えでしょうか?

今回の記事のポイントは増田寛也氏が言及した『地域の声』とは何か?ということです。増田寛也氏が東京都で外国人参政権が実現されるかどうかは『地域の声』に関する定義が極めて重要になるからです。

増田寛也氏の外国人地方参政権OKの論理を再確認する

出馬会見の中では外国人地方参政権について、東京都知事選挙立候補にあたって見直すのか、と記者から糺されています。

<記者>
「岩手県の過去における議会発言は賛成だが、今は白紙ということで良いのか?」

<増田>
「東京都知事として『地域の声』を聴いて東京都としての在り方を慎重に考えていくべき」

・・・なるほど。現時点では『地域の声』を聴いて慎重に考えるということで、自民党の党是である「反対」ではないんですね。それでは、下記の岩手県議会会議録を参照し、増田寛也氏の『地域の声』を踏まえた外国人地方参政権の付与に関する論理構成を確認したいと思います。


<平成17年12月定例会(10月31日)に岩手県議会・決算特別委員会での、質問者・岩手県議会議員・佐藤正春氏に対する増田寛也・岩手県知事(当時)の正式な議会答弁>(出典はこちら

質問者(佐藤正春)
「 それから、先ほどの日韓の問題でございますが、韓国人の地方参政権には賛成しますか。反対しますか。どちらですか。」

答弁者(増田寛也)
「 日韓、それから永住外国人の地方参政権ですが、これは私は地方参政権を認めてしかるべしと考えております。地域にいろいろ貢献して、また税もきちっと納税をしていただいている皆さん方でありますので、私は、地方参政権をそういう方には認めるべきというような立場に立っているものでございます。

つまり、増田寛也氏にとって「岩手県知事時代の『地域の声』を聞くこと」は「地域貢献・納税」である旨が明確に述べられているわけです。これ以外の理由は何も言及されておりません。このことは極めて重い意味を持っているものと思われます。
 

増田寛也氏の論理「地域貢献・納税=外国人地方参政権OK」なら東京も当然OK

増田寛也氏は岩手県知事時代に地域の声を聴いた結果として、地域貢献・納税を行っている場合は外国人地方参政権にOKという結論を出しています。そして、東京都についても『地域の声』を聴くと意見を述べています。

さらに、出馬会見54:00前後から外国人参政権を認めるかどうかの基準として「外国人地方参政権はコミュニティに参加しているかどうか、『地域の声』を聴いて反映する」と改めて言及しています。(動画はこちらから

増田寛也氏は岩手県知事時代の判断の間違いを認めたわけでなく、むしろ岩手県知事時代と同じ表現である『地域の声』という言葉を使って判断基準を表現しています。この記者会見を見る限りでは「地域の声=コミュニティに参加している=地域貢献・納税」ということが論理的に成り立つものと思います。

この基準で外国人参政権の是非を判断する場合、永住外国人の方々は地域貢献も納税も行っていますので「東京都でも外国人地方参政権はOK」ということに当然なるわけです。増田寛也氏の都民に対する不誠実な回答、まさに「ここに極まれり」ですね。記者はこの点について糺すべきでしたが勉強不足で追及が極めて甘いものに終わりました。

参政権に関する問題を「各地方自治体のコミュニティに参加しているかどうか」で判断できるという同氏の見解は、時代の遥か先を行く地方分権論者と評することもできるでしょう(笑)

ちなみに、彼の見解は自民党の見解とは真っ向から反対の見解を示しています。

「外国人参政権付与法案 断固、反対します!」(自民党の主張「ここが論点」)https://www.jimin.jp/news/policy/recapture/130379.html

<税金を払っているのだから付与すべきだという間違い>
「外国人も税金を払っているのだから参政権を付与すべきだ、との意見をよく耳にします。
しかし、税金は地域で様々な行政サービスに使われており、納税しているから参政権を与えるべきとの直裁的な理由にはなりません。そうでなければ、日本人でも収入が少なくて税金を払っていない人には、選挙権を与えてはいけないということになってしまいます。」

引用終わり。  

それにしても、「岩手県の『地域の声』は外国人地方参政権OK」なんですね。自分はそのような話は聞いたことがありませんでしたので、増田寛也氏の出馬会見は非常に勉強になりました。今度岩手県の友人に聞いてみたいと思います(笑)



本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yuyawatase at 11:53|PermalinkComments(0)

2016年07月11日

増田寛也氏、外国人参政権賛成を記者に追及されるw

無題

記者に「外国人参政権に賛成した過去」を問われて言葉が詰まった増田氏

拙稿の第一報「増田寛也は岩手県知事時代に「外国人地方参政権OK」」を受けて、増田寛也氏が過去の議会答弁について記者から追及されることになりました。具体的な模様は下記のリンク先。

【東京都知事選挙】韓国大好きと評判の増田寛也、外国人参政権賛成かと質問されるwww

記者が6:53から「岩手県知事時代の議会答弁で外国人参政権に賛成していますが、自民党の方針とは異なると思うのですが」と質問し、増田氏が「当時の岩手県知事の時の話、国政国交の関係の変化を考えて見直すべきところは見直す」という発言をされています。 賛否は答えずに曖昧にして誤魔化した模様です。

この際なのではっきり申し上げましょう。変わったのは日韓関係ではなく「増田氏個人の立場」であると。そして、岩手県民に対して行った議会答弁(非常に重い)を簡単に変えることができる方は、「東京都議会で行った答弁」も簡単に翻すことでしょう。

そもそも「参政権に対する考え方が両国間の関係の変化で簡単に変わる」時点でトンデモ回答を行っているわけであり、都知事というよりも民主主義国の政治家としての常識を疑わざるを得ませんが・・・。

増田氏は何年何月何日まで「親韓国」の姿勢だったのかを検証する

筆者は外国人に対するヘイトに関しては興味がありません。しかし、これから東京都知事選挙に立候補しようという方が「議会答弁を糞ほどにも思っていない」という現実に非常に憤りを感じています。

平成17年12月定例会(10月31日)の岩手県議会での「外国人参政権賛成」の答弁から約10年間、増田氏は一体どのタイミングで「親韓姿勢」を転向したのでしょうか。

増田氏が韓国との関係で問われるべき政策は「日韓グリッド構想」です。これは日本と韓国で電力の融通を行うことを目的とした政策ですが、これを提唱していた当時は「生活の根幹である電力を預けられる」ほどに韓国との関係が良好だと認識されていたものと思います。

増田氏は直近のガスエネルギー新聞(2013年9月23日)で下記のように日韓国際送電網に言及しています。

「新しい共同調達」を提言、LNG調達戦略など議論/第4回基本政策分科会

「増田寛也・野村総合研究所顧問は「アジアレベルの大きなプランを日本が主導していくことがあってもいい」と発言。日韓・日露の国際送電網やガスパイプラインの具体化によって新たな市場を形成していくべきだと述べた。」

以上引用終わり。

つまり、平成25年(2013年)9月23日までは「電力を融通しても良いくらい仲が良い国」と認識していたわけです。それから僅か2年半ちょっとの間に「意見が180%変わった」わけですから、「岩手県知事時代と韓国との国交が変わった」というのは言い訳が過ぎるのではないでしょうか。

その間に戦争でも起きたんでしょうか?むしろ、安倍政権が韓国側に慰安婦問題で妥協したようにしか見えないんですが、それが気に入らないってことですか(笑)

議会答弁に「信念」が無い政治家を信用できないことは当たり前だ

筆者は自らの政治的立場が変化したことで発言がコロコロ変わる政治家は信用できないと思います。まして、「正式な議会答弁」を「あの時は違ったんだよねー」という軽いノリで変更できる政治家など、一体何を信用すれば良いのでしょうか?

ちなみに、過去に増田氏自身がファーストクラスをガンガン利用しながら、自らの立場が変わった途端に他人のファーストクラス利用を強烈にバッシングしている記事は下記を参照のこと。

増田寛也氏「ファーストクラス使いながら、他人の使用は批判」

議会答弁は有権者・納税者の代表である議員の質問に対する答弁であり、それを軽視する人物に東京都知事を担う資質は無いものと思われます。まして、それが「参政権」という民主主義の根幹に関わる内容であれば尚更です。都民の皆様に置かれましては賢明な判断を行うことが望まれます。





本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yuyawatase at 10:02|PermalinkComments(0)