北朝鮮

2016年07月13日

名前も知らない候補者のために粛清される自民党員(涙)

index

「増田寛也(ひろや)氏」以外の候補者(親族等含む)を応援した自民党議員は除名処分

上記の写真は自民党が東京都知事選挙に際して各級議員(親族等含む)に対して、党推薦の増田寛也(ひろや)氏以外の候補者を応援しない旨を明記した文書になります。

文言は非推薦候補者を応援した場合は、「除名等の処分の対象となる」と強い口調で語られており、自由民主党東京都支部連合会幹部の「増田寛也(ひろや)氏」への入れ込み方が半端ではないことが分かります。

TVなどでも取り上げられたことから「親族等含む」という人権侵害的な文言が話題となり、自民党東京都支部連合会の強権的な姿勢が批判の対象となりました。

筆者が出会った真夏の日の珍事「名前を本当に知らないの?事件」について

ところで、7月13日の昼に筆者はTwitter上で「ある珍事」に偶然に遭遇してしまいました。それは自由民主党千代田区幹事長及び23区区議会議員連絡協議会会長のTweetでした。

増田かずや1

筆者はこのツイートを偶然に発見してしまったため、親切心を発揮して名前の間違いを指摘しました。

増田かずや2

すると、先方が新たなツイートを返してくれましたが・・・、

増田かずや3
https://twitter.com/hshimazaki1

「!?」

いや、そこじゃないですよ。間違いは・・・、名前が「かずや」じゃなくて「ひろや」ですよ。。。しかも、老婆心ながらまだ選挙期間中ではないため、増田寛也(ひろや)氏は「候補」ではありません。

区議会の重鎮が名前も知らない候補者のために「除名処分」にするとは何事か

一般的に自民党議員さんたちは人間味がある暖かい人たちが多い印象があります。そして、おそらくこの方も笑顔を拝見させていただく限りでは実際に会って話したら「良いおじさん」なんだろうなと思います。

自分が許せないことは、そのような気の良い自民党の人たちに「名前も知らない」程度の候補者を推すことを求めて、あまつさえ歯向かうものは除名処分にするという都議会自民党の姿勢です。

10年以上前のことですが、筆者は学生時代に自民党議員の事務所で書生をしておりましたが、議員・秘書・支持者の方も含めて気の置けない素晴らしい人たちであったと記憶しています。(政策面はともかくとして)

それが現在では名前も知らない候補者を推薦するプロセスで内輪揉めを繰り返し、都民の皆様を無視した政争に明け暮れる有様は何たることでしょうか。このようないい加減な政党に堕したことが残念でなりません。

少なくとも区議会重鎮が名前が分かるくらいの選考プロセスを経て候補者を選んでほしいものです。筆者は既に自民党とはご縁が遠くなってから日が経ちますが、今回の東京都知事選挙に対する都議会自民党の姿勢には疑問を感じます。

自由民主党規律規約 前文

民主主義の要諦は、国民との信頼関係にある。わが党は、この理念を中心に据え、党活動を行っていくとともに、施政に対する信頼を確保するため、責任ある公党として、常に綱紀を厳正に保ち、信賞必罰を徹底し、政治倫理を確立する。そのため、党員一人ひとりに、政党人としての自覚を求め、かりそめにも、国民の信頼を裏切ることのないように、自らを厳しく律することを求める。」

「党紀」を持ち出すのあれば、規律規約の前文に恥じない候補者選定を行うべきであり、所属議員と親族などにおかしな縛りをかけず、当然に自民党員だけでなく東京都民が支持できる候補者を提示するべきです。少なくとも、自分の党所属議員が名前も知らないような人物を擁立することだけは止めていただきたい。





本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 16:50|PermalinkComments(0)

2016年02月14日

2016年2月9日・首相動静ウォッチ

本ブログでは、時事通信社の首相動静について追加情報を加えながら首相の行動の意図を推測しています。少しでも皆様のお役に立つ情報が提供できれば幸いです。

<2月9日(月)>

・午前7時52分、公邸発。同53分、官邸着。
・午前7時57分から同8時2分まで、国家安全保障会議の9大臣会合。同3分から同7分まで、高市早苗総務相
・午前8時12分から同24分まで閣議。
・午前8時26分から同42分まで、国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議。
・午前8時50分から同59分まで、萩生田光一官房副長官
・午前10時30分から同11時5分まで、オバマ米大統領と電話会談。萩生田、世耕弘成両官房副長官、谷内正太郎国家安全保障局長同席
・午前11時50分から午後0時5分まで、韓国の朴槿恵大統領と電話会談。萩生田、世耕両官房副長官、谷内国家安全保障局長同席。同10分から同42分まで、谷垣禎一自民党幹事長
・午後0時53分、官邸発。同55分、国会着。同56分、衆院議長応接室へ。同59分、同室を出て、同1時、衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
・午後2時31分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同32分、国会発。同34分、官邸着。
・午後2時56分、西村泰彦内閣危機管理監、谷内国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、下平幸二内閣衛星情報センター所長、防衛省の前田哲防衛政策局長、宮川正情報本部長が入った。同3時10分、西村、谷内、下平、前田、宮川各氏が出た。同22分、北村氏が出た。
・午後3時31分から同37分まで、福井県あわら市の「あわら温泉おかみの会」の伊藤康代さんら。同53分、官邸発。同55分、国会着。同56分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て、参院本会議場へ。同4時1分、参院本会議開会。同8分、参院本会議散会。同9分、参院本会議場を出て、同10分、国会発。同12分、官邸着。
・午後5時6分、国家安全保障会議開始。
・午後5時41分、国家安全保障会議終了。
・午後5時54分から同6時39分まで、外務省の斎木昭隆事務次官、林肇欧州局長、上村司中東アフリカ局長。同42分、官邸発。
・午後6時51分、東京・銀座の日本料理店「つるとかめ」着。自民党の秋元司、石原宏高両衆院議員らと会食。
・午後8時30分、同所発。
・午後8時52分、東京・富ケ谷の私邸着。
・10日午前0時現在、私邸。来客なし。

<2月9日の見どころ>

2月9日は北朝鮮関連の出入りが多い一日となりました。安倍首相が電話でやり取りする相手はオバマ大統領と朴槿恵大統領ということで順当だと思いますが、ロシアや中国などの向こう側の関係国とは必ずしも意思の疎通が良さそうに思えません。

夕刻の欧州局長・中央アフリカ局長を交えた会議はシリア情勢があわや第三次世界大戦か、というほどに緊迫している中でのものであり、安倍政権も事態の深刻さを認知し始めたものではないかと思われます。中東アフリカ局長との面談は今年初めてということになります。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 13:24|PermalinkComments(0)

2016年01月08日

国会議員失格?北朝鮮抗議決議を欠席した国会議員一覧

a1180_015091

2016年1月8日・参議院本会議で北朝鮮核実験抗議決議に欠席した議員一覧。山本太郎氏のように出席した上で採決を棄権する議員もどうかと思いますが、そもそも同決議に対する決議を行う本会議を「欠席」する議員は「日本国の安全保障を担う国会議員」として如何なる認識でしょうか。

ということで、下記は参議院本会議「北朝鮮核実験抗議決議」の欠席者一覧です。地元の選挙の事前運動よりも日本の国会議員としての務めを果たしてほしいものです。特に中曽根弘文議員とアントニオ猪木議員は参議院外交安全委員会所属議員であり本件について見識を問われる責任ある立場です。

欠席議員は(中にはいるかもしれませんが)、北朝鮮の水爆実験に賛成ということで良いのでしょうか???

<欠席者一覧>

<自民党>
金子原二郎、木村義雄、熊谷大、小坂憲次、鴻池祥肇、中泉松司、中曽根弘文、長谷川岳、藤川政人、古川俊治、水落敏栄、宮本周司、山崎力、山本一太、若林健太、渡辺猛之

<民主党>
足立信也、江崎孝、尾立源幸、北沢俊美、小見山幸治、桜井充、芝博一、那谷屋正義、前川清成、増子輝彦、水岡俊一

<共産党>
吉良佳子、大門実紀史

<維新・元気の会>
アントニオ猪木
 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 22:39|PermalinkComments(0)

2016年1月7日・首相動静ウォッチ

a0001_013135


本ブログでは、時事通信社の首相動静について追加情報を加えながら首相の行動の意図を推測しています。少しでも皆様のお役に立つ情報が提供できれば幸いです。

<2016年1月7日> 

・午前7時、東京・富ケ谷の私邸発。同14分、官邸着。
・午前7時37分から同57分まで、オバマ米大統領と電話会談。萩生田光一、世耕弘成両官房副長官同席。
・午前8時4分から同54分まで、世耕弘成官房副長官
・午前9時52分、官邸発。同54分、国会着。同55分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同10時1分、参院本会議開会。
・午前11時51分、参院本会議休憩。参院本会議場を出て、同53分、国会発。同55分、官邸着。
・午後0時52分、官邸発。同54分、国会着。同55分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同1時1分、参院本会議再開。
・午後2時9分、参院本会議散会。参院本会議場を出て、同10分、院内大臣室へ。
・午後2時30分、同室を出て、同31分、国会発。同34分、官邸着。
・午後2時54分から同3時21分まで、外務省の斎木昭隆事務次官、石兼公博アジア大洋州局長。同22分、官邸発。同23分、国会着。同25分、衆院第1委員室へ。同30分、衆院予算委員会開会。
・午後3時35分、衆院予算委散会。同室を出て、同38分、国会発。同39分、官邸着。
・午後3時40分から同55分まで、石川正一郎拉致問題対策本部事務局長
・午後4時から同34分まで、マレン元米統合参謀本部議長河野克俊防衛省統合幕僚長同席
・午後4時40分から同55分まで、韓国の朴槿恵大統領と電話会談。萩生田、世耕両官房副長官同席。
・午後6時25分から同45分まで、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、秋葉剛男外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野統合幕僚長。同49分、官邸発。
・午後7時1分、東京・銀座の日本料理店「新ばし松山」着。丸川珠代環境相、世耕官房副長官、荒井広幸新党改革代表らと会食。
・午後9時10分、同所発。
・午後9時28分、私邸着。
 
<1月7日の見どころ>
 
本日の見どころは、先日に引き続いて北朝鮮問題の対応のために誰にどのような順番で連絡を行ったか、ということです。

朝一番の対応として最重要同盟国であるオバマ大統領との電話会談を行いました。約20分間の電話会談で両首脳間で、韓国を含む関係国との連携、国連の安保理での北朝鮮への新たな制裁を確認し、慰安婦の日韓合意への米国の理解と協力への謝辞が述べられました。

萩生田官房副長官は7日午前の記者会見で「事実確認に努めており、現時点で水爆実験とは認定していない」と述べており、こちらは安倍首相との朝の会談で事実認識をすり合わせた上での発言ということになります。

世耕副官房長官との50分にも及ぶ長時間のミーティング内容の断定は困難ですが、世耕副官房長官一人であること、世耕副官房長官のメディア対策の役割から衆議院本会議などの報道を受けた参議院本会議における対策などではないかと推測されます。

午後は北朝鮮の対応の関係を受けて、外務省事務次官、アジア太平洋州局長、拉致問題対策本部長と次々と面談しています。

本日はマレン元米統合参謀本部長が統合幕僚長とともに首相に面会しています。マレン氏は首相訪問に先立って15時から防衛相を表敬訪問して防衛相に面会してからの官邸入りです。同氏は、2006年に日本のアメリカ海軍横須賀基地に、弾道ミサイル迎撃用ミサイルであるSM-3を搭載したシャイローの配備を決定した人物です。(ただし、この後に幕僚長を含む会議が行われているので表敬訪問のようなものかと推測します。)

その後、午前中のオバマ大統領との電話会談と同じように萩生田・世耕両副官房長官同席の下、朴槿恵韓国大統領との電話会談が行われています。

さらに、国家安全保障局長、内閣情報官、外務省総合外交政策局長、防衛政策局長、統合幕僚長らとの面談が行われています。本日は先日の危機管理系・情報系・北朝鮮関連の事務方だけでなく、政府組のトップである統合幕僚長が加わったことで、先日よりも実務的な防衛対策の話が行われたものと推測します。

「新ばし松山」は昨年5月にも世耕副官房長官と訪れているので同氏のチョイスではないかと推測。新党改革の荒井弘幸氏は政党こそは違うものの安倍首相の党外側近の一人であり、本日の夜の会合は、丸川女史、世耕氏、荒井氏という参議院の大物シンパ議員との会合と言えるでしょう。

自衛隊のリアル
瀧野 隆浩
河出書房新社
2015-08-27



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 00:53|PermalinkComments(0)

2016年01月06日

2016年1月6日・首相動静ウォッチ

a1380_000326

本ブログでは、時事通信社の首相動静について追加情報を加えながら首相の行動の意図を推測しています。少しでも皆様のお役に立つ情報が提供できれば幸いです。

<2016年1月6日> 

・午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
・午前9時31分、私邸発。
・午前9時43分、官邸着。
・午前9時56分から同10時8分まで、飯島勲内閣官房参与。同15分から同30分まで、萩生田光一官房副長官
・ 午前11時44分、国家安全保障会議の4大臣会合開始。
・午後0時2分、国家安全保障会議の4大臣会合終了。
・午後0時50分から同51分まで、報道各社のインタビュー。「北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したが今後の対応は」に「安保理非常任理事国として、米国、韓国、中国、ロシアと連携しながら断固たる対応をとっていく」。同52分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て、衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
・午後4時3分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同4分、国会発。同6分、官邸着。同10分から同22分まで、西村泰彦内閣危機管理監、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、下平幸二内閣衛星情報センター所長。同23分から同55分まで、岸田文雄外相、加藤勝信拉致問題担当相、北村内閣情報官、石川正一郎拉致問題対策本部事務局長、石兼公博外務省アジア大洋州局長。
・午後4時58分、国家安全保障会議開始。加藤拉致問題担当相同席
・午後5時4分、国家安全保障会議終了。
・午後5時51分から同6時17分まで、高村正彦自民党副総裁。同23分、官邸発。
・午後6時29分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の日本料理店「千羽鶴」で榊原定征経団連会長、三村明夫日本商工会議所会頭、小林喜光経済同友会代表幹事らと会食。
・午後8時36分、同ホテル発。(2016/01/06-20:43)

<1月6日の見どころ>

本日は北朝鮮の水爆実験と見られる揺れと北朝鮮の水爆実験発表報道が行われたことから、午後は安全保障関連の関係者とのミーティングが目白押しの状況となりました。

午前中の面会者である飯島勲氏は小泉元首相の懐刀として有名な人物であり、安倍政権においても内閣官房参与として内外の情勢について適切な取り計らいを務めています。

萩生田幸一官房副長官は安倍首相の側近議員東京の一人であり、昨年安倍首相が改憲ビデオメッセージを送った保守系政治団体である日本会議国会議員懇談会事務局長を務めるタカ派の人物です。先日の下村博文氏と同じように東京選出の衆議院議員であり文教族でもあります。

午前中・最後に行われた国家安全保障会議の四大臣会合では、総理、官房長官、外相、防衛相の4名で、北朝鮮の水爆実験に対する観測(北朝鮮の正式報道は午後0時30分)についての対応方針を固めたものと思われます。衆議院本会議場に入る前の記者に対するコメントで述べた方針は同会議で最終決定したものと推測されます。

午後の日程の見どころは北朝鮮問題を受けた国家安全保障会議前のヒアリングの流れです。最初に、危機管理・安全保障・情報収集・情報衛星担当の安全保障関連の事務方トップに大枠と事実に関する状況へのヒアリング、その後外相・拉致担当相・拉致問題対策本部長・アジア太平洋州局長などの北朝鮮に関係する責任者からのヒアリング、という形で実施していることが特徴的です。マクロな安全保障環境を整理してからミクロな北朝鮮問題の詳細を把握するというプロセスとなります。なお、国家安全保障会議では内閣総理大臣の声明文が審議されて了承されています。

高村正彦自民党副総裁との面会は、高村副総裁が安倍首相の名代として訪露する前の挨拶・確認・親書受け取りであると推測されます。北方領土問題・プーチン訪日などの要望を10日~14日にロシアで行われる協議で伝える予定です。

最後に、経済三団体の会長らとの懇談ということになりました。ホテルニューオータニ「千羽鶴」はホテルの直営店です。大切な接待などに向いているお店ですのでイザという時に利用を検討されると良いでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 21:49|PermalinkComments(0)

2015年11月27日

大人の教科書(8)資本主義は貧乏な人のためにある

a0790_001232

自由市場や資本主義という言葉を聞いた時に、私たちが同時に耳にする言葉は「格差」「貧困」などの言葉です。長い間、机上の空論の世界では、自由市場・資本主義は不平等を増大させ、富裕層が貧困層を搾取するという神話が拡がってきました。しかし、本当にそうでしょうか。

富裕層にとって自由市場・資本主義は必要な制度ではない

現実は資本主義が繁栄を達成し、それに反対した社会主義・共産主義が貧困をもたらしました。私たちは現実の社会について学びを深める必要があります。
 
まず最初に私たちが知るべき衝撃的な真実は「真の富裕層は資本主義を必要としていない」ということです。従来まで資本主義は富裕層のためにあると信じ込まされてきた人は驚くかもしれません。しかし、少し考えれば、これが当たり前のことだと気が付きます。

人類社会では資本主義が始まる前から、王侯・貴族が当時の超富裕層として存在してきました。彼らは資本主義など無くても「政府の権力・暴力」を使って幾らでも贅沢な暮らしができました。彼らは自分自身が贅沢な暮らしを継続するために自由市場・資本主義を求める必要があったでしょうか?

現在でも独裁国のトップは政府の力を使って、彼が支配する貧困に喘ぐ庶民には到底不可能な暮らしを行っています。彼らが豊かな暮らしを行うためには、搾取対象である庶民から絞り上げれば良いだけであり、同時に庶民が抵抗力を持たないように生活環境が向上しないようにすることが重要です。

むしろ、昔ながらの伝統的な富裕層にとって、自由市場・資本主義は普及してもらっては困るものであり、どちらも存在しない方が安心して独裁制を敷くことが可能です。

貧しい人に便益をもたらした自由市場・資本主義のシステム

独裁者はスーパーやコンビニに行く必要もなければ居酒屋チェーンに行くこともありません。それらは全て庶民が暮らしの中で望んで創られたものだからです。現在、先進国においては貧しいとされる人でもコンビニエンスストアで買い物を行うことは可能であり、貧困層とされる人でも平気で携帯ゲームで遊んでいます。

このようなサービスを自由市場・資本主義が無い社会では富裕層以外の人が受けることはできません。

工業技術や機械技術の発展がもたらした恩恵は、富裕層にとっては相対的に意味がないことであり、自由市場・資本主義が整備したあらゆるインフラ・サービスは貧しい人・一般の人が受ける恩恵のほうがメリットが大きいのです。ちなみに、現在でも富裕層にとってはスーパーやコンビニなどは必要不可欠なものではありません。

社会に存在しているインフラ・サービスの大半を誰が利用して消費しているのかを見れば、それらのサービスが誰のためであるかは明らかだと思います。このような当たり前の事実を無視した議論は意味がありません。

世界で一番貧しい人はどこに行けば沢山見つけることができるのか

私たちが世界で一番貧しい人の集団を見つけたいのであれば、資本主義が機能していない国を訪ねてみれば良いだけのことです。その社会では私たちの社会では機会によって代替されているあらゆる重労働がいまだに人間の手で行われていることが発見できるはずです。

また、現代の社会主義・独裁主義国である北朝鮮の姿を見れば明らかであり、自由市場・資本主義が誰にとって恩恵があるものかということは一目瞭然です。

かつて世界は独裁者が支配する空間ばかりでしたが、独裁者同士が対立した結果として、相手よりも豊かな国力を備える必要がありました。そこで、導入された仕組みが自由市場・資本主義であり、それによって多くの人々が経済活動の恩恵を受けたのです。

私たちは現在を都合よく切り取って見せる似非有識者たちの言説ではなく、人類が歩んできた確かな歴史にもっと自信を持つべきです。

選択の自由[新装版]―自立社会への挑戦
ミルトン・フリードマン
日本経済新聞出版社
2012-06-26

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:00|PermalinkComments(0)