健康問題

2016年09月13日

そろそろトランプ大統領誕生を真剣に考えたら?

ダウンロード

ヒラリー・クリントンの健康問題を一貫して指摘してきたが・・・

筆者は予備選挙におけるトランプ勝利を予備選開始段階で予測し、予備選挙終了後はヒラリー・クリントンの健康問題が選挙焦点になる旨を明言してきました。

トランプがヒラリー・クリントンに勝つ5つの理由
http://agora-web.jp/archives/2019010.html

その後、米国大統領選挙に関する報道についてコメントすることは暫く静観してきましたが、相も変わらずトランプへのバッシングとヒラリー擁護が繰り返されるメディアと識者の解説に辟易していました。

たしかに、ムスリムの米国兵士の両親に対するトランプ氏の批判が行われたときの一時的な支持率の落ち込みは心配ではありましたが、それ以外の時の世論調査の数字はトランプ・ヒラリーはほぼ拮抗している状態が続いてきました。

大統領選挙に関する世論調査はこちら(接戦州はほぼ互角)
http://www.realclearpolitics.com/epolls/latest_polls/

現在も接戦州ではほぼ互角の戦いが展開されており、ヒラリー・クリントンの健康問題がクローズアップされていくことで、トランプの優勢が確立することになるのではないかと予測しております。

ヒラリー・クリントンの健康問題発生を予め想定していたトランプ陣営

そもそもトランプ氏はヒラリー・クリントンとの対決の中で健康問題が焦点になるということを予測していたように思われます。それは昨年の予備選挙の途中段階で共和党内で圧倒的な優位を確立した際に早々に自らの健康診断書を提出しています。

ドナルド・トランプ共和党予備選勝利宣言としての「健康診断書」
http://yuyawatase.blog.jp/archives/667277.html

その後、共和党予備選挙でテッド・クルーズにやや苦戦したことから、この一手は注目されることがありませんでしたが、対ヒラリーの観点から大統領選挙序盤の好手が利いていく形になることでしょう。

トランプ陣営はミスを犯すこともあるものの、中核的なメッセージ発信に関しては総じて成功しており、現在も米国民の約半数から厚い支持を得ている事実にもう少し注目しても良いと思います。

トランプが孤立しているかのような印象は完全な誤りであり、トランプ陣営の言動は確実に米国民の心を捉えるものになっています。

ヒラリー有利という根拠薄弱な主張を妄信せず、トランプ大統領誕生を真剣に捉えるべき

メディアや識者と呼ばれる人々が流す情報は「ヒラリー・クリントン大統領誕生は既定路線」という演出が行われていますが、現実の世論調査の数字はそれらを反映したものになっていません。むしろ、それは彼らの願望を反映しただけのミスリードであるとすら言っても良いでしょう。

現実はトランプ氏とヒラリー・クリントンどちらになってもおかしくない状況です。そして、ヒラリー・クリントンの健康問題が取り上げられていく場合、今後はトランプ優勢に形勢が傾いていくことになるでしょう。9.11の追悼式典で体調不良を起こしたことの印象は最悪です。

既存のメディアと識者が垂れ流す情報はそれなりに聞き流して、賢明な読者諸氏には大統領選挙の動向については上述の世論調査サイトの数字を参考にして頂ければ幸いです。

筆者が昨年から指摘し続けているように、トランプ大統領誕生を見据えた議論を真面目に行うべきであり、これ以上バカげたトランプ・バッシングに日本の世論が付き合うことが無いようにしてほしいものです。

そろそろ筆者の主張を信じてもらっても良いのではないかと思います(笑)

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
アンソニー プラトカニス
誠信書房
1998-11-01


本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 00:28|PermalinkComments(0)