世界都市間競争

2016年01月10日

書籍紹介(3)コトラー世界都市間競争

250px-Kotler-DSC_0510

マーケティングの大家、フィリップ・コトラーの最新の都市経営論

フィリップ・コトラーと言えばマーケティングの大家として知られる人物ですが、都市経営者向けのマーケティング論をまとめた一冊が日本語で発売されています。

本書の内容は「頭の中が凝り固まった日本人」のために書かれたような内容です。特に豊富なデータに支えられたシャープな議論は、日本の針路に関するモヤを打ち払った上で、現在の日本の政策とは180度異なる角度からの処方箋をもたらしてくれます。

一国単位で成長を考える古い発想から都市単位で成長を考える新しい時代へ

本書では世界の付加価値生産額(GWP)の90%が上位8000社の多国籍企業によって生み出されており、GWPの40%が上位100都市によって生み出されているという現実が指摘されています。

その上で国民国家単位で考えることが間違っており、これからの経済成長は都市と多国籍企業の取引の中で決定されていくという経済成長論が述べられています。

そして、経済成長による豊かさの恩恵を確保するためには都市を発展させていくことが重要であり、そのための基本的な視座が提供されています。

多国籍企業を積極的に受け入れて中産層を創出する戦略を採用する

また、先進国で消えゆく中産層は多国籍企業の本店・支店・研究所が立地することによって創出されるクラスであることが指摘されており、多国籍企業が先進国の都市から成長著しい新興国の都市に投資を移転させていることで、新たに新興国に中産層が生まれています。

先進国の都市経営者も自らの都市の経済成長・雇用増加を実現していくために、どのような多国籍企業を自らの都市に受け入れていくことが可能かつ望ましいのかについて真剣に検討する必要があります。TPPなどの外資からの投資受け入れ環境の重要性を学ぶことができるはずです。

格差の拡大を嘆くだけの愚かな思想を捨て去り、責任ある都市経営者には具体的な施策を現実に実行していくことが求められます。

「日本」という枠組みで閉塞化した「東京人」を救う必読の一冊

少子高齢化という未来を抱えた日本全体に明るい展望を持つことは難しい状況にあります。しかし、本書の内容を踏まえて東京を中心とした都市圏への重点的な投資によって難局を乗り切る可能性を見出すことができるでしょう。

是非、東京都内の政治家・有権者には本書を手に取って読んでみてほしいと思います。また、「東京税」(地方交付税など)を正当化している国会議員らには、その政策の継続が地方の没落にも直結していることを学ぶべきでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:00|PermalinkComments(0)