ミニマリスト

2015年11月27日

「ミニマリスト」はミドルクラスの生活習慣である


a0002_012009
最小限のもので生活するミニマリストに関する記事が多く氾濫しているので、自分もミニマリストっぽい一人として考えを整理しておきたいと思います。

主なミニマリストの利点について整理してみた 

(1)モノに関する購入・維持・更新費がほとんどかからない(壊れるもの・古くなるものが無いため)
(2)不要な情報が得られる媒体とのアクセスを断てる(情報媒体の取捨選択)

という2点に尽きるかなと思います。とにかく生活に関するモノのコストの最小化を図ることが重要です。モノを沢山持っていても時間は有限なのでどうせ全部使い切ることは難しいです。いつも使わないならそもそも買う必要はないよね、と思います。

モノに使われない暮らしを実践するということ

実際にモノを持っていると、「モノに使われている自分」に気が付くはずです。〇〇を使わないといけないなとか、自然とあるから使っているけれども本当はいらないとか、そのような経験があるはずです。モノを持たなければモノ本位ではなく自分本位で暮らせるようになります。

そのようにすると、初めに起きてくる変化は、人間は情報だけで意外と楽しく生きられるということです。世の中では日々様々な情報が生産されていますが、現在はデジタル媒体を通じて消化しきれないだけの様々な情報が溢れています。それらを楽しみながら生きていると時間は一瞬で過ぎてしまいます。

ミニマリストの性格は異常に飽きやすい性格だと思う

モノを持たない人は何も欲しないわけではなく、むしろ個人的な経験では真逆ではないかと思います。つまり、モノのような形で一度出現した物質に何時までも興味がもてないのです。

モノをもたない暮らしというものは、モノではなく情報に使われる暮らしといっても良いかもしれません。自分の時間の大半は情報の処理・分析・消費に使われることになるからです。

次々と生み出される情報は常に新鮮であって、モノから情報、に消費の軸を移行することで刺激を得続けることが可能になります。そのような環境に慣れてしまった場合、アンティーク的な古さを消費するのでもなければ、モノは情報に比べて魅力が劣ります。

ミニマリストとは何か、低所得者と富裕層の狭間のモノを買うことがない層

ちなみに、ミニマリストを低所得者であるかのように誤解することは間違いです。「シェアオフィスに住んでいるモノを持たない人」みたいなマスメディアの演出は一面的すぎると感じています。

むしろ、感覚的には、低所得になるとモノが多くなる、所得が高まるに連れてモノが減少していく、そして所得がある閾値を超えると再びモノが増え始めるような気がしています。物量総数の増減と連動して、そのプロセスの中で保有しているモノの価格も変わっているわけですが・・・。

ミニマリストは、低所得時代のように無意味にモノを保有することはしないが、高所得・富裕層が求めているような一流の物品の価値がイマイチ理解できない層であるため、日々生産される刺激的な情報や体験を消費するというライフスタイルが定着した新しい時代のミドルクラスのライフスタイルだと感じています。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 21:00|PermalinkComments(0)