ヘリテージ財団

2016年01月04日

ヘリテージ財団から見た2015年アジア情勢の客観的評価(2)

ヘリテージ財団アジア情勢2015

昨日の「ヘリテージ財団から見た2015年アジア情勢の客観的評価(1)」に続いて、本日は後半部分、移民、政治体制、テロ、軍事などに関するヘリテージのアジア情勢評価を見ていきます。

アジア圏から米国への合法的な移民は「中国」「インド」「フィリピン」がトップ3

直近10年間のアジアから米国への合法的な移民は中国、インド、フィリピンが圧倒的に多い状況です。これに続いて、ベトナムや韓国などが人口数に比べて多くの移民を輩出しています。

特に中国はインドを抜かしてアジア圏からの移民シェアで第1位となりました。これは米国国内での中国系移民・インド系移民の政治的な発言力が強まっていくことを意味しており、中長期的には米国の対アジア政策に影響を与えていくことになるでしょう。2016年の大統領選挙の共和党予備選挙候補者にインド系の州知事が名前を連ねていたことは米国の変化の象徴とも言えるでしょう。

SR-asia-update-2015-09-legal-immig_548

海外の移民からの本国への送金によって経済を支えている国の存在
 
海外の移民からの送金が自国における経済に大きな役割を占めているアジアの国は意外と多い状況にあります。その中で特に米国からの送金割合が多い国は、トンガ、フィリピン、キリバス、ベトナムなどであり、米国に移民を比較的多く輩出しているフィリピンやベトナムは米国に移民を輩出することで自国への送金経済を作り上げていることが分かります。

SR-asia-update-2015-10-remittances_548

政治的な自由や報道の自由に関して著しい格差を抱えるアジア
 
豪州や日本のような自由度が高い国々が存在している一方、中国、ラオス、北朝鮮のような自由を抑圧する国が同時に存在している点がアジア圏の特徴です。

政治的な自由に関しては確実にモンゴル、自由が進展している国も存在している国もあれば、スリランカやタイのように大幅な後退を見る国など非常に様々です。しかし、全体的には自由が拡大していることが分かります。一方、報道の自由に関しては年々悪化している国も多く、政権によるメディアへの介入が常態化している国が少なくありません。

SR-asia-update-2015-11-freedom_548


SR-asia-update-2015-12-press_548

イスラム諸国で信教の自由が抑圧される傾向があり、中国では政府の弾圧が厳しい状況あり
 
信教の自由に関してはイスラム教が強い国々では政府による規制や社会的な敵視が強い傾向があります。マレーシアのみが政府規制が強いものの、社会的な敵視が弱い地域ということ言えるでしょう。一方で共産主義国である中国は政府による信教の自由への規制が非常に強く深刻な事態を引き起こしていること分かります。

SR-asia-update-2015-13-relig-persec_548


国家の脆弱性が高まりつつあり、政治的な不安定化が引き起こされる可能性が高い
 
アジア圏には失敗国家と堅牢な国家の2つが同時に存在していることが特徴です。アフガニスタンやパキスタンンのような非常に危機的な国家もあれば、日本やアングロサクソン諸国のような安定性の高い国家も存在しています。

国家の脆弱性が高まっている国々は北朝鮮を除けば基本的に南アジアの国々であり、何らかの拍子に国家が崩壊して政府機能がマヒする事態になる可能性が高い状況があります。ちなみに、日本も経済的な失策はここでも叩かれています。

SR-asia-update-2015-14-fragile-states_548

パキスタンはアフガニスタンよりも頻繁にテロリズムが発生している状態に
 
パキスタン、アフガニスタン、インドなどの南アジアを中心にテロが活発化している状況にあり、特に域内大国であるインドの役割が極めて大きくなってきていることが分かります。インドはテロ対策についても実績がある国であり、2015年末にインド首相がパキスタンを電撃訪問したことは非常に重要な意味があったと思われます。

SR-asia-update-2015-15-terror_548

 
 SR-asia-update-2015-16-chi-ind-se-asia_548

中国の軍事的な膨張に対して高まる警戒感、インドの軍事的な存在感の高まりも
 
南シナ海における中国の海洋進出が注目されていますが、それらは南シナ海の領海の主張に関して複数国が異なる意見を主張していることを確認し、その上で中国の岩礁開発や艦船の動向について注目しています。また、アジア地域を俯瞰する米軍の配置状況を確認した上で、日本と韓国の軍事基地について重要性を指摘しています。

軍拡については中国の軍事的な膨張を注目するとともに、同時にインドの軍事拡大についても注目しています。米国はアジア地域の安全保障に関する意識は危機が明確化している対ロシア・対中東などの他地域と比べて劣りがちであり、域内の軍事バランスを保つために日本側から米国のコミットメントを積極的に求めていくことが望まれます。
 
SR-asia-update-2015-17-south-china-sea_548

 SR-asia-update-2015-18-US-fwd-mil_548

SR-asia-update-2015-19-jap-kor-mil_548

SR-asia-update-2015-20-military_548


 SR-asia-update-2015-21-arms_548

ランド 世界を支配した研究所 (文春文庫)
アレックス アベラ
文藝春秋
2011-06-10




南シナ海: アジアの覇権をめぐる闘争史
ビル ヘイトン
河出書房新社
2015-12-25




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:00|PermalinkComments(0)