サウジアラビア

2016年01月21日

サウジアラビア・一面銀世界、「中東の冬」に突入へ

saudi-snow-05
https://twitter.com/Globe_Pics/status/688017056424407041/photo/1

サウジアラビアに85年ぶりに大規模な「雪」が降ったとのこと

サウジアラビアの報道Press Digitalでサウジアラビアに85年ぶりに雪が降ったそうで
す。http://www.pressdigitaljapan.es/texto-diario/mostrar/395676/85

実際には、サウジアラビアでは雪が局地的には降ることがあるので、今回の「雪が降った」という報道は記録的な大雪がサウジアラビア全域で降ったという意味なのかなーと思っています。

砂漠の国が一面銀世界に染まる幻想的な光景は、中東地域に迫る大きな変革の予兆とも言えるでしょう。

原油価格下落でサウジアラビアの懐が寒くなっている?

サウジアラビアは軍事費の拡大と原油価格の低迷のダブルパンチで財政がグロッキー寸前です。

年明けからイランの原油が市場に流れ込んできた影響もあり、頼みの原油価格は更に下落の一報を続けています。そのため、IMFによると、サウジアラビアの歳出に必要な金融資産は5年以内に枯渇すると言われています。

厳しい環境変化を受けて、サウジアラビアの副皇太子はエコノミストとのインタビューの中で、5%の付加価値税(甘いもの・たばこへの悪行税)、空地への課税強化、ガソリン・電気水道の値上げ、民営化(国民の3分の2を雇用する国営企業解体、20以上の基幹国営産業の民営化)という対策を語っています。GDPの半分・歳入80%を生み出す石油産業が低迷はサウジアラビアの政治経済体制に大きな変更を及ぼすものと推測されます。
 
なお、IMFは湾岸協力会議加盟のバーレーンとオマーンも財政的に危機的な状況に陥ると予測しており、原油価格の下落は中東全域に大きなインパクトを与えることになるでしょう。

果たして「中東の冬」が明けて「中東の春」は訪れるのか

サウジアラビアでは、国内のシーア派指導者を処刑したことから、年明けにカティーフなどの東部の石油地帯において大規模な暴動が発生しました。これらのその後の顛末は承知していませんが、国内に不満が鬱積していることは間違いないでしょう。

アラブの春では多くの民主主義政権が誕生することになりました(その後失敗したものも多かったですが・・・)が、原油価格下落による「中東の冬」の時代は民主化という「中東の春」への道なのかもしれません。

ただし、上記のようなサウジアラビアの急進的な改革が本当に実行された場合、それらは旧ソ連がロシアへの移行過程で経験したような一部の新興財閥による腐敗、汚職、経済混乱をもたらすことになるでしょう。そのため、中東の民が歩む中東の春への道のりは厳しいものになることが予想されます。

日本は原油の大部分を中東に依存している危機的状況を回避し、今後は対外輸出を開始する米国や中東以外の産油国であるロシア・カナダなどとのエネルギー面での関係強化が必要となると思います。



スーパーパワー ―Gゼロ時代のアメリカの選択
イアン・ブレマー
日本経済新聞出版社
2015-12-19




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 13:04|PermalinkComments(0)

2016年01月04日

サウジアラビアのカティーフで暴動、中東動乱発生か?(動画)

無題

昨年末に記事にした「2016年に起きる世界的なリスクの可能性を展望する」で指摘した通り、まずはサウジアラビアで暴動が発生しています。今後、サウジアラビアの東部が急速に不安定化していくものと思います。

筆者は記事中で、

(6)サウジアラビア危機と中東の動乱化
原油価格の低下によってスンニ派の盟主であるサウジアラビアの政治経済体制に綻びが生じつつあります。王政の代替わりによって発生した権力の集中問題も問題を複雑化させています。特にサウジアラビアの東部では民主化圧力も高まりつつあり、政治体制の安定性に懸念が生じています。

と指摘しましたが、まさに予想した通りの状況が発生しています。

サウジアラビアの東部カティーフで発生した暴動の様子

サウジアラビアでの革命の様子を伝えるTwitterの投稿(1月3日)・動画

政府の車両が火炎瓶を投げつけられて大炎上している状況がTwiiterで中継されています。おそらくシーア派教徒が年明け早々に処刑されたことに関係した暴動の発生ということになります。

サウジアラビアは東部地域に油田を抱えていますが、同地域はシーア派教徒が多く居住しているエリアです。東部地域では度々民主化を求める活動が発生していましたが、今回はかなり大規模な暴動が発生しているようです。

東部地域は国営石油会社サウジ・アラムコの本社を置くダーランがあり、周辺には暴動が発生しているカティ―フも含めた油田が大量に存在しています。同地域の治安の安定にはサウジアラビア政府も注力していますが、スンニ派支配であるためにシーア派住民の不満はかなり溜まっていたと考えるべきでしょう。

暴動がどこまで拡大するのか、事態の推移を見守ることが必要

シリア・イラクが不安定化している状態でサウジアラビアが混乱に陥ることは中東が取り返しのつかない動乱状態になることを意味しています。

アベノミクスの影響も含めて円安となっている日本は世界的な原油価格の低迷で首の皮を繋いでいる状態ですが、サウジアラビアの混乱は原油価格の上昇に反映されてくることになるでしょう。異次元緩和などの無茶な政策を実行している日本の状況はかなり危険であり、ロシアや北米などのエネルギーの入手経路の多様化などの手を今からでも整えることが必要です。

上記のTwitterの投稿者にも思想的な偏りがありますので投稿内容は割り引いてみる必要もありますが、サウジアラビアの体制が永続すると考えることは難しく、中東からのエネルギー供給の比重を一層下げていくための政策を実行していくことが望ましいと言えるでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 07:00|PermalinkComments(0)