イアン・ブレマー

2015年12月22日

書籍紹介(1)「スーパーパワー」イアン・ブレマー

superpower3




スーパーパワー ―Gゼロ時代のアメリカの選択
イアン・ブレマー
日本経済新聞出版社
2015-12-19


米国の未来を知るために必読の一冊となる本

米国の著名な外交評論家であるイアン・ブレマー氏の最新の著作です。

1998年僅か28歳で世界をリードする地政学リスクを評価するシンクタンクを創設し、度々日本にも来日して首相などへのアドバイザーを務める凄腕のコンサルタントです。私も過去に彼が考案した世界的な政治リスク指標であるGPRIを拝見させていただき非常に感銘を受けた思い出があります。

本書は今年5月に発刊された最新著作の日本語訳であり、多極化した世界であるGゼロの中で、米国はどのように振舞うべきなのか、世界と米国の現実を知ることができる必読の一冊となっています。

日本人の対米イメージの先入観が一掃されることになる内容

日本人は米国が対外関与を続けることを前提に世界像を描いていますが、イアン・ブレマー氏は本書の中で下記の3つの米国像をこれからの選択肢として提示しています。

1. 「独立するアメリカ」……国益を優先し、安全と自由を確保する
2. 「マネーボール・アメリカ」……自国の評価を上げ、国益も守る
3. 「必要不可欠なアメリカ」……アメリカ、そして世界を主導する

そして、多極化した世界に米国が関与しても狙った結果を引き出すことが難しいという事態の中で、衝撃的なことに1の独立するアメリカ、つまり3の世界の警察官も辞めて、2の現在の姿も放棄し、完全に自国中心の米国という選択が有力視されているのです。
 
大統領選挙でトランプやサンダースが台頭する雰囲気を知ることができる

来年は米国大統領選挙ですが、自国中心主義のトランプ氏やサンダース氏が台頭している背景が浮かび上がってくる良書だと思います。

特に、トランプ氏やティーパーティーに外交政策が無い、と考えている人は同書を手に取って読んでみれば、自分の先入観を捨てた現在・未来の米国の外交の方向性を知ることができるでしょう。

日本人としてはあまり信じたくない方向かもしれませんが、興味がある人は是非手に取って読まれてみてはいかがでしょうか。

スーパーパワー ―Gゼロ時代のアメリカの選択
イアン・ブレマー
日本経済新聞出版社
2015-12-19



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 07:40|PermalinkComments(0)