備忘録

2017年04月29日

共和党保守派の書籍の翻訳本に取り組む出版社募集

無題

ワシントンDCにオフィスを構えることを検討中

トランプ政権100日間ということでワシントンDCを訪問中です。今回も保守派の方々を訪ねてトランプ政権の動向について尋ねるとともに、ワシントンDCにオフィスを設けてスタッフを駐在させるべく不動産を探しています。

友好団体である全米税制改革協議会(Americans for Tax Reform)の国際部門担当であるロレンゾ・モンタラーニ氏を訪ねたところ、「おっ、それならうちの5階のオフィスが空いているから、そこどう?」という話になりました。

オフィスを覗いてみると、同居組織にはエネルギー、税制、裁判などの保守系組織がズラリ。場所としては丁度いいので、引き続きお値段交渉する運びに。これからワシントンの生の情報を得る拠点となる予定です。

18197959_1348640478545398_174744694_n
(ワシントンDCど真ん中、ホワイトハウスとキャピトルヒルまで歩いて10分程度)

共和党保守派のドン、グローバー・ノーキスト氏の翻訳本作業を進める

米国保守派のドンとして有名なグローバー・ノーキスト全米税制改革協議会議長の著作の翻訳作業について話し合い、日本の出版社で興味があるところを探すことになりました。

基本的には同書については流行りというよりも長く売ることが考えられるため、初版については相当数買取も含めて検討していきたいと考えております。出版社でご協力いただけるところは、yuya.watase02@gmail.comまでご連絡ください。

現在の翻訳候補は下記の2冊。





今後も共和党系の有力政治家、ロビイスト、シンクタンカーなどの翻訳を

グローバー・ノーキスト氏は米国共和党においては顔役であるため、同氏の翻訳本を出した後はおおよそ共和党保守派であれば書籍の翻訳作業の打診が極めて容易に行えるものと考えいます。(日本でも名前の通った「売れる共和党系の本」の翻訳も優先的に取れる可能性があります。)

とはいうものの、日本の大学ではリベラルが圧倒的に優勢であり、共和党保守派についての本の翻訳などを企画で通すことは困難です。また、一般書籍では左右のヘイト本が幅を利かせている現状であり、筋が通った共和党保守派の考察本は出版社・スポンサー無しでは成り立ちません。

したがって、現在、これらの出版作業に積極的に協力してもらえる出版社及びスポンサー頂ける方を探しております。共和党保守派の考え方は、現代の日本の改革に重要な一石を投じるものであり、是非とも一緒に取り組んで頂ける方がいれば幸甚です。

よろしくお願いいたします。



本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 01:15|PermalinkComments(0)

2016年01月09日

ガチで2か月半・政治記事200記事を更新して起きたこと

a1640_000333

世間様に一切媚びることなく、政治記事を2か月半で200記事更新した結果起きたこと

11月PV数は12500PV、12月PV数は20000PVということでブログ自体は順調に成長しています。しかし、200記事で検索流入が増えるという都市伝説を信じてひたすら更新した結果、およそ180記事で検索流入数は微増という感じで12月を終えました。

やはり自分の関心やネタの書き方が問題あるからこの程度しか伸びないのか、、、と軽く反省し、もしくは200記事書けというのはインターネット上の伝説なんじゃないかと疑いつつ、年明けからは少し長めのネタや首相動静に関する解説などをつけて、更新頻度を12月までの1日3~4記事から1日2記事まで落すことにしました。

190記事目から検索流入に明らかな変化が出てきたことに気が付いた

ちょうど190記事目をアップロードした1月5日あたりから、少しだけ検索流入数に変化が生じ始めたことに気が付きました。検索流入数が突然伸び始めたなあと思っていたら、現在、1月8日の検索流入数が1月1日比で5倍に増えています。

「(都市伝説は存在していた)!!!」

とはいうものの、おおよそ記事一つ分のソーシャルからの流入と同程度の検索流入数なので、先月並みに更新し続けたと仮定すると今月は25000PVくらいまで到達する計算になります。しかし、さすがに1日3~4記事はきつすぎたので、今月から1日2記事程度までペースダウンしていることを考えると、おそらく12月と同じように20000PVくらいで落ち着いていくものと思います。

「200記事で検索流入が増える」という都市伝説は実話、では300記事・400記事・500記事はどうなる?

さて、都市伝説ではないかと思っていた200記事で検索流入が増える、は伝説が実在していたことを確認したので、次回は300記事、400記事、500記事あたりで何がどのように変化していくのかを検証したいと思います。300記事は2月半ばくらいになる予定です。

リサーチバンクによると、月間1万5000PVいくと全体上位1.7%のブログだそうです。とりあえず、それはクリアできるようになりました。仮に100記事増やすごとにソーシャル流入1記事分の増加するとした場合、月間10万PVに達するには4000記事くらいが必要になるということで結構果てしないものを感じていますが。。。

とりあえず、何事も継続ということで来年頭くらいに1000記事に到達したところで色々考えようかなと。

武器としての書く技術 (中経出版)
イケダ ハヤト
KADOKAWA / 中経出版
2013-06-27

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:59|PermalinkComments(0)

2015年12月25日

切捨御免!イケダハヤト氏、年商2000万円しかないじゃん

a0002_011580

以前、アゴラで地方消滅がらみで投稿したときに軽くディスってもらえましたw

「地方消滅するんじゃないの?財政移転しなきゃ一発で消滅するでしょう」という投稿をアゴラにしてみたとき、イケダハヤトさんからのお返事の中で、

「地方消滅」論者たちが決定的に見過ごしていること。 --- イケダ ハヤト

「端的にいって、地方消滅論者の人たちは、ビジネスを知らないんですよ。ほら、実際みんな政治家とか学者とか、そういう職業の人たちですよね。彼らが地方の未来について見誤るのは仕方ない。自分でビジネスを作る類の仕事じゃありませんから。」

というお言葉とともに軽くディスって頂きました。この文章の中の「学者」というのが自分ということになりますw

自分は会社経営していますので「学者」のカテゴリーには入らないのですが、かの高名なイケハヤ尊師に触れてもらえたことで多少嬉しかったことも事実です^^

マジでこの人『年商」2000万円だった、年商と所得の区別もつかないのか・・・

しかし、同文章の中にもある「年商2000万円」という文言について、いやいや高名なイケダハヤト氏がしょうもない勘違いして仕方がないなあと、私は勝手に「所得2000万円と間違ってますよ」と思っていたのですが、
 
イケダハヤトさんって、本当に「年商2000万円」しかないんですね。。。
http://www.ikedahayato.com/20151224/50859065.html

率直な感想としては「ただの零細事業者じゃん」ということ。しかも「年商と年収」の話などは「中学生の話」かと思いました。おカネに困らんといっても、彼の年商で得られる所得レベルは「良い大学出て大企業に入りました」と同じ程度の収入で何を言っているんだと。

最初にちょっと嬉しかった分だけにがっかり感が半端ではないです。個人的には小規模零細事業者でも黒字化できているなら経営者としては立派だと思いますが、「なんでこの人もてはやされているのかさっぱりわからん」のです。

ブログ業界への夢が無くなるので少なくとも年商3億円くらいは稼いでほしい

イケダハヤト氏はブログというかアフィリ業界の第一人者ということで、少なくとも年商3億円くらいは稼いでほしいなと。そうしなければ、そこらあたりの不動産屋のオヤジさんに所得が全然かなわないからです。

来年は3700万円とかみみっちい話を本人はされていますが、最低でも1億円くらいには成長させてほしいと思います。第一人者というものは皆に「夢」=「妄想」を与える存在なのだから、もうちょっと頑張ってドリームをばらまくべきではないのかと。

とりあえず、本ブログ主とは駆け出しブログとして、イケダハヤト氏の取り組みが成功してくれることを祈っております^^



 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 07:00|PermalinkComments(0)

2015年12月07日

1か月半でガチの政治記事を100記事更新したらどうなるか

a0731_000581

ブログを始めて1か月半・記事数100記事を突破してみた感想

10月29日から更新を初めて約1か月半くらいで、ブログを100記事ほど更新してみました。その間に起きた変化について諸々書き留めてみようと思います。

1日約3記事程度の更新数ですが、流石に日常業務との兼ね合いがあり、これ以上のスピードで記事を更新し続けることはかなりシンドイということが確認できました。季節柄も師走ということもあり、政治的な動きが少なくなってきたため、日常的なニュースの中からネタを探すのも結構大変です。
 
検索流入数は100記事前後から少しだけ増加してくるものらしい

ブログを始めて100記事超えると検索流入が始まるという都市伝説については、僅かな流入レベルならそういうこともあるらしい、ということが確認されました。

最初のうちはほとんどSNS経由の流入ばかりでしたが、最近では検索からの流入が増えてきている傾向があります。まあ、増えているといっても微々たるものなので、「100記事更新すると検索エンジンにひっかかるようになる」というのが実態かもしれないと思う次第。

本ブログはSEO対策はまったく施していない(そこまで手が回らない)ので、単純に大量に更新し続けるとどうなるのか、というだけの実験結果です。最初からSEO対策をして検索流入を意識した作りにすると全然異なる可能性があります。

当たり前だけれども、サボったり手を抜いたりするとPV数はガクンと減少する

12月に入ってからイマイチ筆の進みが滞って1日2記事にしてみた結果、PV数がガクンと落ち込んだ状況となり、12月は2万PV行くかどうかの見通しが結構怪しくなってきました。やはり努力に正比例してPV数は伸びるものだなあと改めて実感。

何とか1日3~4記事体制に戻していこうと思うので、記事にしたいと思えるような知的刺激が得られる環境を創っていかねばならないなと反省。結局、それが本業のほうでも収益の改善に繋がっていくだろうからプラスの連鎖を構築していきたいものです。

次回のレビューは都市伝説300記事でPV数増加に達成後に予定

年末年始に大量に記事を蓄積してSEO対策のための時間をじっくり生み出そうかと思案中です。それでどのくらい変わるものなのか、というのは分からないのだけれども。

次回のレビューはPV数がダントツで増えると言われる300記事達成時を予定。目標は2月中旬くらいを予定しているため、その時のPV数がどの程度かということを楽しみに更新を継続します。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 21:00|PermalinkComments(0)