2015年12月22日

野田佳彦元首相、軽減税率・シロアリ発言を忘れた暴言を斬る

無題

野田佳彦元首相ほど、政治的に無責任な発言をした人物は存在しない

BLOGOSを見ていたら、野田佳彦首相が軽減税率について怒りをぶちまけていた。

軽減税率の財源を問う(野田佳彦元首相)

「今年も1年にわたり「かわら版」をご愛読いただき、心より感謝申し上げます。その年末の最終号を、年間を通じて最も満身の怒りを込めて書かざるをえなくなりました。こんな思いでペンを執るのは、誠に残念です。」

「参院選の結果が出てから決定する魂胆が丸見えです。「財源なくして政策なし」が鉄則です。こんな無責任極まりない税制改正大綱を見たことがありません。」

「2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという財政再建の旗も降ろしたのと同じです。到頭この国は、財政規律を失ったポピュリズムの国に堕してしまいました。」

と記されていたが、「ちょっと待てよ」と言いたいです。むしろ、この野田元首相の発言を読んでいて、私自身が「年間を通じて最も満身の怒りを込めて」ブログを書かざるをえなくなりました。

平成21年7月14日本会議で「消費増税は必要ない」と明言した政治責任を取るべき

野田元首相は平成21年7月14日の内閣不信任案が提出されたときの賛成決議の理由として、

「私どもの調査によって、ことしの五月に、平成十九年度のお金の使い方でわかったことがあります。二万五千人の国家公務員OBが四千五百の法人に天下りをし、その四千五百法人に十二兆一千億円の血税が流れていることがわかりました。その前の年には、十二兆六千億円の血税が流れていることがわかりました。」

「消費税五%分のお金です。さきの首都決戦の東京都政の予算は、一般会計、特別会計合わせて十二兆八千億円でございました。これだけの税金に、一言で言えば、シロアリが群がっている構図があるんです。そのシロアリを退治して、働きアリの政治を実現しなければならないのです。残念ながら、自民党・公明党政権には、この意欲が全くないと言わざるを得ないわけであります。」

と明言しています。そもそも国民を「働きアリ」に例えていること自体が論外ですが、 自分たち民主党の調査で、天下りのシロアリを退治すれば、「消費増税5%増」、つまり現在で言えば消費税10%は必要ないと、国会で堂々と述べています。

平成21年7月14日本会議議事録(野田佳彦)

こんな無責任極まりないシロアリを見たことがない、何故国会議員を継続しているのか

平成24年7月12日議事録によると、三宅雪子議員にシロアリ演説について問いただされて、野田元首相は

「いろいろな演説をやってきました。その場その場で一生懸命お訴えをしておりまして、どっちがいいとかどっちが悪いということはありません。いつも反省も多いです。そんな、自分でどっちがいいとかと評価するような話ではありません。その場その場で一生懸命お訴えさせていただいております。」

と述べています。「その場その場」で発言してきた、とはどういうつもりなのでしょうか?

平成24年7月24日議事録によると、江口克彦議員から消費税増税に政治生命をかけるという点について意味を問われて、こちらには、野田元首相は

「どういう形で皆さんが解釈されるかでありますが、私は、政治生命を懸けた、どういうことだったのかということは、結果によりますけれども、それはおのずと分かるようにしたいと思います。」

と答弁しています。

野田議員は国会の本会議・予算委員会で言葉を述べることの意味が分かっているのでしょうか。そもそも消費税増税によってGDPもマイナスとなり日本は不況に突入しつつあります。また、今回の軽減税率の導入によって「政治生命を賭けた増税」すら行われなかったのだから、「即時辞職」が相応しいでしょう。

いつまで議員報酬をもらい続けているのか、まさに「シロアリは私だった」の間違いではないでしょうか。野田元首相は自分の行いについて猛省するべきであり、消費増税について発言する資格がないことに気が付くべきです。




スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。