2015年12月03日

地方議会(3)杉並区の選管委員への違法支出・決め台詞が面白い

堀部やすし

全く働いていない選挙管理委員会委員に報酬を支払い続けた杉並区

杉並区に、重病で全く職務遂行できない状態のまま欠勤となっていた選挙管理委員に約140万円の報酬を支払っていたこと、区長が長く返還請求を怠っていたこと、の両方について、最高裁判所から違法判決が言い渡されました。

しかも、杉並区に違法判決が言い渡された直後に区長自らの給料を引き上げるというトンデモぶりを晒しています。杉並区議会議員の堀部やすしさんのブログが鋭く問題追及しており、区外の人間にも何が起きているかを把握するために良い情報が提供されています。
 
そもそも〇〇委員がほとんど天下り職化している実態をどうにかしたほうが良い

私の見解では、そもそも「〇〇委員」というものは、重病であろうが無かろうがろくに仕事をしていない半分名誉職みたいなものに給料を払っている無駄の象徴みたいなものです。選挙管理委員会などは区議会議員OBなどの擬似的な天下り職と化しています。

今回、杉並区は全く働いていない委員に給料を支払っていたわけですが、それは従来から仕事をほとんどしていないので、働いても働いていなくてもほとんど分からなかったからではないでしょうか。このような〇〇委員会の委員に支払う人々の選定プロセスの透明化と報酬引き下げは重要です。、

議会質問の最後の決め台詞のインパクトがあって面白かった

堀部さんのブログの最後の決め台詞がインパクトがあって非常に面白いので紹介します。

「よって、本年は、区長給与及び議員報酬の引き上げを行うことのできる状況にはないというべきです。なお、この議案が、本会議を通ると、私の議員報酬も引き上げとなります。その相当部分は、このような不見識な提案を行って憚らない田中区長に対し、来る杉並区長選において「対抗馬」を擁立するための資金に充当したいと思います。」

なるほど!議員報酬の引き上げに反対するってこういうことだよね、ということで納得しました。

堀部さんのブログは、こちら、から読めます。是非全文読んでみてください。

 


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 17:01│Comments(0)国内政治 | 地方議会

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。