2018年01月19日

ノーベル平和賞・ICANは日本で北朝鮮の核廃止を訴えるべき


logo

最近のノーベル平和賞は「近年で最も爆弾を投下した大統領」であるオバマ大統領にノーベル平和賞を送ってしまったことなど、もはや実態と外面が剥離した状況となってしまった例も存在しています。

 

そのノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が日本政府に対して核兵器禁止条約に参加するように働きかけています。筆者は日本も同条約に参加することは検討に値するとは思うものの、今回訪日時の同氏の主張する「北朝鮮側に偏ったように見える主張」は非常に残念です。

 

北朝鮮は核兵器禁止条約に賛成していますが、自国の防衛のために核兵器の保有が必要であると訴えています。一方、日本政府は現実の安全保障環境のため核兵器禁止条約には不参加であり、自国は核兵器を保有していません。両国の表面的な立場は捻じれているわけですが、北朝鮮の核兵器禁止条約への賛同は検討する価値もないほどに欺瞞であることは明らかです。

 

フィン氏は日本のソフトパワーを毀損する発言を繰り返すばかりで、現実の問題解決には何の役にも立ちません。それどころか、日本での北朝鮮や中国のような核保有をしている独裁国側を擁護するかのような発言は、正常な感覚を持った日本人からの賛同を得ることは難しいでしょう。むしろ、彼らが北朝鮮の核実験の時のように北朝鮮の核廃絶を訴えることは日本人からの賛同を得るようにアプローチすることが妥当だと思います。

 

日本におけるICANのパートナー団体は、同団体のHPからのリンクを見る限り、ヒューマンライツナウ、ピースボート、反核医師の会、プロジェクトナウ、広島県医師会ということです。一部の団体は北朝鮮への抗議を行っている団体も存在していますが、是非ともICANの方針に従って、今後も北朝鮮への抗議活動を日本国内でも大々的に行っていただきたいと思います。

 

日本国内で核廃絶の機運を本当に盛り上げたいならば、核兵器を保有していない日本政府を批判するのではなく、日本と一緒になって北朝鮮の核保有に抗議する活動を展開するべきです。

The Urban Folks公式サイトへ



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin




スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 11:52│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。