2016年03月05日

トランプのCPACドタキャンで予備選挙の流れが変わるだろう

12788113_859655464145954_67644592_n
(CPAC主催団体のマット・シュラップACU会長)

トランプ・CPACドタキャンという前代未聞の選挙戦術を実行、結果は如何に・・・

全米から保守派運動家が集まるCPACをトランプ氏がまさかのドタキャン。そもそも4日の参加予定を5日早朝に変更した上に、何もかもすべてをドタキャンした状況です。大統領予備選挙に与えるCPACのインパクトは絶大であり、全ての大統領予備選候補者が出席することは通例となってきました。(ちなみに、昨年はトランプ氏も参加して演説しています。)

先日、CPACへの出席をマルコ・ルビオ氏が渋ってきた結果、予備選挙候補者が一人だけ別日程という形になっていたものの、トランプ氏の場合は4日の出席をキャンセルして5日に変更、しかしCPAC開催中の4日になって5日の予定をドタキャン、という形なので失礼にもほどがある感じです。

とはいうものの、トランプ氏が「あえて他の人物が全員出席する場所をドタキャンして格の違いを見せる」のは、アイオワ州党員集会直前の討論会をボイコットした時にもあるので、これがトランプ氏ならではの話題作りの戦術だと思われるため、欠席は残念であるものの、CPACの現地でトランプ戦術を体感したこと個人的な意味は大きかったように思います。私が以前から指摘している通り、トランプ氏は予備選挙のライバルを片付けた後のヒラリー対策に既に移っているということも言えます。

トランプ・CPACドタキャンが与える政治的な影響は計り知れないものになるだろう

今年のCPACには延べ1万人程度の熱心な保守派運動員が参加費3万円以上支払って参加しており、旅費なども含めると10万円以上かかって参加している人も珍しくありません。しかも、彼らの多くは共和党の地域における選挙運動の足腰を支える役割を果たしています。

CPACでの出席をアナウンスして全米から共和党支持者を集めながら、それをドタキャンした悪印象は相当なものだと推測されます。実際、テッド・クルーズの演説で「トランプは逃げた!」というようなニュアンスで話が展開されると会場では大盛り上がりという状況になりました。

従来までトランプ氏は、共和党の他候補者やおおよそ共和党に投票しない層を叩くことで、共和党支持者の約30%にコアなファン層を形成する戦略を取ってきました。しかし、今回は初めて明確な共和党支持者層に対して悪印象を与えたものと思います。彼らにお金を払わせた上に出演をスポイルしたわけですから、その影響は今までの発言による反響とは違うものになるでしょう。

共和党執行部とトランプ氏の激しい対立は報道されているところですが、共和党保守派についてはトランプ氏への意見は割れた状態であったように思います。トランプ氏はリベラルであるとみなされているため、当初から保守派のイデオロギーが強い層からは敬遠されてきました。しかし、既存政治へのアウトサイダーという位置づけから一部の保守派から人気があることも事実です。今回はその両者の有権者層に対して好ましくない印象を与えたことは確かでしょう。

米国の保守派の人々は誠実な人が多いため、トランプ氏にメンツを潰された形になったことは個人的に残念ではあるものの、彼らが今度の大統領選挙で更に本腰を入れるきっかけになったものと思います。最終日の模擬投票の結果で誰が勝利するのか、各候補者間でどの程度の差がつくのか、非常に楽しみな状況となってきました。




スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 20:57│Comments(0)米国政治 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。