2016年02月20日

大人の教科書(24)「議員定数削減」で権力者の都合が良い政治に

a0960_006307

野田佳彦元首相が議員定数削減の履行を安倍首相に求めたため、安倍首相も渋々議員定数削減に向けた重い腰を上げる形になったようです。

議員定数削減は「国民に痛みを強いるなら、国会議員から身を切るべき」という理屈で正当化されることが多い主張です。しかし、本当に議員定数の削減は国民のためになる政策でしょうか?今回は議員定数削減の本質について説明していきます。

議員定数削減によって「国会議員が有権者よりも有利な立場になる」ことを知ってますか?

国会議員と国民の間の関係には一種の緊張関係が働いています。国会議員は民意に沿わない政治を行った場合、有権者である国民の一票の行方によって落選する可能性があるからです。

たとえば、現在、衆議院議員が一人当選するために必要な票数を小選挙区・約10万票程度と仮定します。この際、一人の有権者が持つ力は国会議員が当選するために必要な投票量の10万分の1ということになります。

現状の295小選挙区を148小選挙区まで半減、つまり小選挙区の議員定数を半分にした場合、衆議院議員が一人当選するためには約20万票の得票が必要になります。したがって、一人の有権者が持つ力は現在の半分、20万分の1にまで減少することになります。

逆に、中選挙区制度を導入して5万票程度で衆議院議員が当選できる仕組みに変更した場合、一人の有権者が力は現在の2倍になることになり、国会議員に対して強い影響力を持つことが可能となります。

つまり、議員定数が多い(または少ない有権者数で当選できる)ならば、国会議員に対する有権者の力が強まり、議員定数が少なければ国会議員に対する有権者の力が弱まるのです。議員定数を削減すればするほど、国会議員は有権者の投票による縛りから自由に行動できるようになるのです。これは単純な算数の問題であって議論の余地すらないことです。

議員定数を削減すると「議員一人のあたりの国家予算」は幾ら増加するのか?

現在の衆議院議員総数は475人から10人議員定数を削減した場合、衆議院議員数は約2.1%減少することになります。

日本の一般会計予算だけで平成27年度96.7兆円という巨額なものです。現在の衆議院議員475名は頭割り1人につき2035億円の予算を審議していることになります。仮に10名の衆議院議員を削減すると、頭割りで1人つき2079億円に審議する予算額が増加することになります。つまり、国会議員一人当たり44億円分の権力が単純計算で強まることになるのです。

甘利事務所の口利き問題が依然として国会でも問題となっていますが、議員一人当たりの権力を増やす議員定数削減は、政治家による腐敗を是正するどころか、問題をより深刻化させるだけのことに過ぎません。議員定数の削減とは、国会議員の権力増大の手段であって身を切る改革とは真逆の方向にかけ離れたものです。

国会議員に対する有権者一人当たりの影響力を下げた上に、国会議員一人当たりの予算の差配権を強化することは、国民にとって何ら益するところがないものです。究極的には国会議員が一人なら独裁制、複数人なら寡頭制と呼ぶことも可能であり、逆に国会議員数が多ければ多いほど国会議員一人当たりの権力は制限されます。

国会議員が議員定数削減のようなバカげた政策を国民に提案してくること自体がナンセンスなことです。

正しい議員定数改革は「議員定数を増やして政党助成金を減らすこと」である

国民から見て正しい政策は「議員定数を増やして歳費を減らすこと」です。議員定数を増やすことで国会議員に対する有権者の一人当たりの影響力を強化し、国会議員一人当たりの権力を低下させることが望ましいのです。

国会の場に多様な意見を持った国会議員が存在することにより、従来までは埋没していたような政治的ニーズが議論される余地が生まれることにもなり、日本の議会制民主主義の発展にも大いに寄与することでしょう。

その上で、議員一人当たりの歳費を削減することでコスト削減を行うこともできます。そもそも現状の国会議員数を10名削減したところで10億円程度、国全体の予算にとって雀の涙程度の予算削減しかできません。国会の運営費用は1日約3億円であり、このような不毛な議論に時間を費やすこと自体が無駄です。

それほどまでに国会議員に関する費用を削減したいのであれば、約320億円の政党助成金を3%削減すれば10億円捻出できます。この方法であれば議員定数を減らすことなく、国会議員に関する費用を削減することができます。しかし、政党助成金は各政党幹部が持つ利権と化しているため、政党助成金を減らそうという議論にはなりません。

現在、国会で行われている議員定数削減の議論の本質は「有権者の影響力を引き下げて、国会議員一人当たりの権力を強化し、なおかつ政党幹部の利権は維持する」という趣旨のものに過ぎません。国民は自分の頭で考えることが必要であり、無意味かつ有害な議員定数削減議論に与するべきではありません。

独裁者になるために
イニャツィオ シローネ
岩波書店
2002-12-20

 

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 10:51│Comments(0)国内政治 | 社会問題

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。