2016年02月07日

2016年2月4日・首相動静ウォッチ

本ブログでは、時事通信社の首相動静について追加情報を加えながら首相の行動の意図を推測しています。少しでも皆様のお役に立つ情報が提供できれば幸いです。

<2月4日(木)>

・午前7時21分、公邸発。同22分、官邸着。
・午前7時25分から同8時5分まで、萩生田光一官房副長官
・午前8時49分から同50分まで、報道各社のインタビュー。環太平洋連携協定(TPP)について「歴史的な署名が行われた。今後、農林水産業対策もしっかり行っていきたい」。
・午前8時51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院第1委員室へ。同55分から同57分まで、麻生太郎副総理兼財務相。同59分、衆院予算委員会開会。
・正午、衆院予算委休憩。午後0時1分、同室を出て、同2分、国会発。同3分、官邸着。
・午後0時54分、官邸発。同55分、国会着。同57分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
・午後4時59分、衆院予算委散会。同5時、同室を出て、同1分、国会発。同3分、官邸着。
・午後5時25分から同51分まで、教育再生実行会議
・午後5時56分から同6時26分まで、外務省の斎木昭隆事務次官、長嶺安政外務審議官、斎木尚子国際法局長。同30分、官邸発。
・午後6時50分、東京・神宮前の郷土料理店「静香庵」着。岸田文雄外相、塩崎恭久厚生労働相、野田聖子自民党衆院議員らと会食。
・午後8時46分、同所発。
・午後8時55分、東京・富ケ谷の私邸着。
・5日午前0時現在、私邸。来客なし。

<2月4日の見どころ>

2月4日の見どころは、夜に開かれた1993年衆院初当選議員の同期会でしょう。自民党総裁選で安倍首相の対抗馬として出馬を検討していた野田聖子前総務会長と安倍首相が顔を合わせる形となりました。お互い政治家ですから表面上は和解を演じたようですが、実際のところの火種は完全に消えたと言えるでしょうか。

私は、産みたい
野田 聖子
新潮社
2004-12-02




スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 02:00│Comments(0)首相動静 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。