「地方交付税」「基準財政需要額」という無根拠の固まりへの妄信安倍・山尾質疑、与党も野党も「適当な数字ばかり」を並べる待機児童問題

2016年01月19日

2016年1月19日・首相動静ウォッチ

a1180_015592

本ブログでは、時事通信社の首相動静について追加情報を加えながら首相の行動の意図を推測しています。少しでも皆様のお役に立つ情報が提供できれば幸いです。

<1月19日(火)>

・午前7時、東京・富ケ谷の私邸発。同13分、官邸着。
・午前7時24分から同8時15分まで、世耕弘成官房副長官。同18分から同30分まで、閣議。
・午前8時48分、官邸発。同50分、国会着。同52分、参院第1委員会室へ。同53分から同54分まで、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官。同59分、参院予算委員会開会。
・午後0時5分、参院予算委休憩。同6分、同室を出て、同8分、国会発。同10分、官邸着。
・午後0時54分、官邸発。同56分、国会着。同58分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
・午後3時41分、参院予算委散会。同室を出て、同43分、国会発。同46分、官邸着。
・午後4時45分から同5時19分まで、外務省の斎木昭隆事務次官、石兼公博アジア大洋州局長、林肇欧州局長
・午後5時21分から同37分まで、甘利明経済財政担当相、内閣府の西川正郎内閣府審議官、田和宏政策統括官
・午後5時48分、官邸発。
・午後6時、東京・大手町の日経ホール着。国際シンポジウム「アジアの価値観と民主主義」に出席し、あいさつ。同18分、同所発。同28分、官邸着。 
・午後6時51分、官邸発。同52分、公邸着。同シンポジウム出席者らとの夕食会。


<1月19日の見どころ>

本日は参議院委員会日程をこなしたあとに、いつも通り外務省関連の方々と面談しています。事務次官とアジア大洋州局長は年明けから何度も面会していますが、本日はそちらに欧州局長が加わった形です。

林肇欧州局長は、第一次安倍政権の秘書官を務めた人物であり、欧州局長就任前は、米国公使、インド公使、そして内閣審議官(領土・主権対策企画調整室長)を務めていた人物です。外務省内では安倍首相に非常に近しい関係にあると言えるでしょう。

その後、甘利経済財政担当相と内閣府審議官・政策統括官と面会しています。西川正郎内閣府審議官は旧経済企画庁出身で経済社会総合研究所長を務めた人物、田和弘政策統括官は経済財政分析担当となっています。原油価格の下落が株価にも大きな影響を与える中で、国内経済の分析責任者が総理に面談した形となります。

大手町の日経ホールでのイベントは、日経新聞主催、東京財団・国際交流基金・ヴィヴェーカナンダ国際財団、日本、インド、インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、中国らの大統領経験者・有識者らなどを集めたシンポジウムです。昨年9月3日,城内外務副大臣は、インド・デリーで開催されたセミナー「紛争回避と環境配慮に関するグローバルなヒンドゥー教・仏教イニシアティブ」に出席しており、同セミナーでも上記のインドの国際財団に謝辞を述べるなど、日印関係を捉える上で重きが置かれている団体であると推測します。

現代インド政治―多様性の中の民主主義―
近藤 則夫
名古屋大学出版会
2015-01-30








スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 19:35│Comments(0)首相動静 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「地方交付税」「基準財政需要額」という無根拠の固まりへの妄信安倍・山尾質疑、与党も野党も「適当な数字ばかり」を並べる待機児童問題