2017年01月08日

ポリコレ無罪?おかしすぎるNHK、トランプが可哀想になってきた

chicago-facebook-beating
CBCNEWSから引用

NHKは米国メディアの垂れ流し以下の報道をやめたほうが良い

知的障害の白人にヘイトクライムか 黒人を逮捕 米国

2日前にNHKが4人の黒人が精神障害を持った白人を拉致して暴行を加えたニュースを報道しました。その際、犯行を行った犯人グループがFACEBOOKで白人に対するヘイトクラムやトランプ氏の発言に対する抗議と取れる発言を行っていたことから、NHK解釈では

『4人は、手を縛られた状態の男性にナイフを突きつけながら殴るなどしている30分間に及ぶ映像をフェイスブックに投稿しており、「この男はトランプの代わりだ」と叫ぶなど、排他的な言動を繰り返すトランプ次期大統領への批判とも受け取れる発言も行っています。

被害を受けた男性は、容疑者の1人の知り合いで、3日に男性が暴行を受けた現場周辺に住む人が大きな音がすることを不審に思い、警察に通報して事件が発覚したということです。容疑者らがフェイスブックに投稿した映像を見て、警察の黒人への過剰な取締りに抗議する運動をネット上で攻撃する動きも出ていて、アメリカのメディアは、社会の分断を象徴する事件として大きく伝えています。』

と紹介しています。

しかし、実際に米国のニュースの一例を挙げますが、

CBCNEWS

これを「人種主義や差別が家族や地域社会を脅かす」というイカレタ見解を示していたのはオバマ大統領のみです。もしかしたら、他のニュースではそのような見解を示しているのかもしれませんが、

4人で知り合いの精神障がい者の男性を拉致していたぶっている姿をFBに公開する凶悪犯罪者を擁護する必要は全くない上に、警察も人種差別・障がい者差別的な要素はあったと認めつつも、この拉致犯罪者から脅迫状が届いたこともあって被害者家族にゆすりをかける可能性があったと思っている、って書いてあるじゃないですか。

つまり、米国でもこの4人はクズ野郎認定されているということです。

凶悪犯罪者はどんな理由でも正当化できるものがあれば利用する

犯罪を実際に行う人間には3つの条件が揃うことが必要です。それは機会(動機)、環境、正当化の3つの条件です。

たしかに、今回の凶悪犯罪者は、暴力欲求・承認欲求(または金銭欲求)、健常者4人VS精神障がい者1人という圧倒的な物理的環境、の2つを有しており、最後の1つを反トランプ・反白人というロジックで埋めて正当化したことになります。

しかし、それを理由に、人種主義、差別、ましては社会の分断の象徴とすることはどうでしょうか。これらの犯罪者はトランプがいなかったとしても、何らかの別の正当化を行って犯罪行為に及んだことでしょう。クズ野郎にとって正当化の動機なんてのは社会的に議論されている(つまり、メディアで正当化されている)ことなら何でも良いのです。

こんなイカレタ犯罪者を象徴として社会の分断と称するほどに米国は終わっているのでしょうか。筆者にはオバマ大統領の上記のような発言やメディアが繰り返してきたほぼ無根拠なレイシズム批判が犯罪者に正当化ロジックを与えているものとすら感じられます。

正直言って、NHKのポリコレ無罪的な報道スタンスに疑問があります。

NHKは自らの解釈を米国メディアの報道内容に責任転嫁してますが、当の米国メディアですら頭のおかしいリベラル以外はこれら犯罪者に対してはもう少し客観的な解釈を行っています。まして、日本は米国国内ではなく外国なのだからもう少しリベラルバイアスを排除した報道をしたらどうか、と思う次第です。
<ワタセユウヤ(渡瀬裕哉)初著作のご紹介>







本記事の内容は所属機関とは関係なく渡瀬個人の見識に基づくものです。取材依頼や講演依頼などはyuya.watase02@gmail.comまでお願いします。 

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 22:03│Comments(0)社会問題 | 米国政治

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。