2015年11月22日

志位和夫・共産党の支持率上昇は「小さな政府支持者」にとって朗報だ

jcp-logo-yoko

日本共産党という選択肢が初めて意味を持ちつつある状況が生まれて来たように感じています。

何でも反対という印象だった共産党

筆者は1981年生まれであるため、日本共産党は寿司で言うところのガリのような存在であり、国政で一定の議席は持ちつつも絶対に政権を取れないが、地方政治では巧みな票割りで確固たる議席数を持つ勢力として認識してきました。

ただし、日本共産党を「まともな選択肢」として捉えたことはありませんでした。

日本共産党は何でも原則的に反対しているだけという印象が強く、彼らの主張内容についても興味を持つこともほぼ皆無でした。時折、赤旗がすっぱ抜くスキャンダルが興味深いなという程度の存在です。

しかし、今回の安保法制を機として、それなりに現実路線とも妥協するようなスタンスを日本共産党が示し始めたことは、日本の政治構造に面白い変化をもたらす可能性があると思っています。

大きな政府支持者のための共産党へ

先日、私の知人が日本のTPP参加について激しく「自民党は裏切った」と述べている姿に遭遇しました。

おそらく自民党の”聖域なき”TPP反対の看板を見て投票したにもかかわらず、安倍政権がTPPを推進していることが気に食わないのでしょう。自分はTPP推進派ではあるものの、自民党の詐欺的なやり方に騙されたと感じる友人の気持ちも分かります。

更に言えば、TPPについては民主党政権も推進していたので、少なくとも現在の二大政党はこの友人にとっては選択に入らないことになります。東西の維新の党もTPP推進であるために、彼にとって主要政党は投票先として相応しくないということになります。

日本共産党であれば全国津々浦々に候補者が存在しており、毎回の国政選挙で玉砕しているものの、政策的な意味では常に大きな政府の重要性を主張しています。個別のケースでおかしなことを言っている点を無視すれば、大きな政府を求める人にとって日本共産党ほど確かな投票先はありません。

主要野党が低迷する中で、最新の世論調査では日本共産党の支持率が8%を超えた結果も出始めています。日本共産党がが大きな政府を求める支持者らにとって現実的な選択肢として視野に入ってきていることが分かります。

大きな政府支持者が共産党に投票することで起きること

日本共産党が大きな政府支持者を自らの下に集めてくれれば、他の政党からそれらの支持者が姿を消すことになります。

そもそも前述の自民党に騙されたと思っている友人は「最初から共産党に投票すれば良かった」のです。共産党が現実的な選択肢となるなら、日本共産党こそが彼にとって最も望ましい投票行動ということになるでしょう。自民党や民主党などの他政党に投票するのではなく、是非日本共産党とともに歩んでほしいと思います。

日本共産党がしっかりと選択肢として機能していくことで「大きな政府」と「小さな政府」の対立構造がすっきり綺麗になっていきます。

「政治的に声が大きい」大きな政府支持者が主要政党から去った結果、主要政党は心置きなく自由経済を推進する政策が実行できるようになります。日本のマジョリティー(無党派層)は、どちらかというと「大きな政府」ではなく「小さな政府」を求めており、一部のタックスイーターの声が反映されて国政が動かされています。少数派の大きな政府支持者が主要政党に影響を与えなくなることは良いことです。

そのため、大きな政府側の選択肢として機能不全であった日本共産党が現実的な選択肢となったことは、小さな政府を求める人々にとっても朗報と言えるでしょう。

民主主義ってなんだ?
高橋 源一郎
河出書房新社
2015-09-18




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 21:00|PermalinkComments(0)国内政治 
スポンサードリンク

移住クーポンよりも都市の税金を安くするべき

a1180_017127

既に地方社会が維持不能になっていることのコンセンサスは形成されている

人口減少がますます深刻化していく中で、地方社会を維持ししていくことは極めて困難になっていきます。現状においても多額の財政移転が都市部から地方に流れている現状があり、自らの力で自分の地域を維持できない地域が日本の大半です。

そのため、コンパクトシティ―などの都市集約を進める計画が実行されつつあり、一部地域にインフラ投資などを集中する形で、様々なコストを節約する取り組みが開始されています。

現実を見据えた正しい取り組みであり、今後地域の中核都市への集中、そして大都市への更なる人口移転が進むことは明白であり、それらの流れをどうやって促進するかが政治の役割と言えます。

移住クーポンによる都市移住促進という間違った発想からの転換

人口を都市に集約させていくためには、地方に住んでいる人を都市に移していくことが必要になります。その際に検討される方法は移住クーポンです。つまり、都市部に引っ越しする人に対して引っ越し費用+aの現金を給付する方式です。

このやり方は一見合理的に見えます。地方に住まれることを継続されると都市住民が負担する維持コストがかかるため、お金を払ってでも一人でも多くの人を都市に移住させたいという発想。

しかし、このような手法は恒常的に都市集約が進むことを保証したやり方ではなく、移住クーポンがもらえる一瞬だけの出来事になる可能性が高く、また地方在住者の移住を促進するために新たなバラマキを設定するなど、国民を甘やかしすぎる施策だと思います。

都市の減税によって現役世代を都市に呼び込むことを優先する

最も効率的な都市への移住促進策は「都市の大減税」です。住民税や固定資産税などを大幅に減税することを通じて、働く世代に有利な税制度を整えることが重要です。

さらに、容積率などの建築関連の基準を緩和し、住宅の供給を実施することで住宅コストも引き下げることも行うべきでしょう。その他新規ビジネスに関する規制は積極的に緩和して雇用を創り出していくことが望まれます。

まず、地方から現役世代の若者を都市に呼び込むために「都市に住む人全員」に恩恵がある施策を実行し、水が高いところから低いところに流れるような恒常的な環境形成を行うことが大事です。

高齢者に関しては、現役世代の都市部移転が進む中で、資産がある人から移住を実行していく形になるでしょう。高齢の資産を保有しない人に関しては最後に財政支援を行って都市部への移民を完了するべきです。

財政的なバラマキではなく税率をコントロールすることが政治

財政的なバラマキは一見して派手で論理的に見えますが、社会の自然な流れを阻害する極めて不合理な手法です。その効果は一時的であり、政策効果としては極めて稚拙なものとなります。このような発想は人間行動が見えていない短期的な発想の典型です。

政治にとっては重要なことは税率をコントコールすることです。増減税は人間社会全体に目に見えないインパクトを与えて、自然な流れを創り出すことが出来ます。なぜなら、税率は資本全体の流れに影響を与えるため、そこで暮らす人間も資本の流れと一緒に動いていくからです。

財政ではなく税制を語ることができる政治家が出てくることが望まれます。税制こそが政治の本丸であって、財政は刺身のツマみたいなものであるという認識が重要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 18:00|PermalinkComments(0)国内政治 | 社会問題
スポンサードリンク

大人の教科書(5)政治屋、政治家、慈善家の違い

a0006_001002

「あいつは政治屋だ」とか、「彼は政治家を目指している」とか、「彼女は立派な慈善家だ」とか、色々な言葉が使われることが多い議員の人物評価ですが、政治家・政治屋・慈善家の見分け方について基準のようなものが必要だと思っています。

そこで、今回は身近な「もっと保育園が必要だ」という社会問題に対する態度で三者の違いを説明したいと思います。

(1)政治屋の場合

政治屋の基本的な発想は「税金を使って保育園を建てる」というものです。保育園を全額税金で建てるのか、補助金を使って建てるのか、様々な方法はありますが、人々から集めた税金を自分の特定目的のために支出します。

そして、「私がこの保育園を建てました!」や「私がこの保育園の補助金をつけました!」みたいな話を人々に向かって主張します。そして、補助金の利用者などを制限して保育園の供給量を意図的に減少させることで自分への求心力を維持し続けます。

念のため確認しておきますが、彼が保育園を建てるために使ったお金は皆から集めたお金であって彼の私物ではないことは言うまでもありません。

(2)政治家の場合

政治家の基本的な発想は「その地域に自然と保育園が建つように誘導する」というものです。たとえば、現役世代向けの減税を実施すれば、同世代の可処分所得が増加して子育てのための費用へ割く金額も増加します。

増加した子育て用費用が地域に循環することによって、自然と保育園が建っていくように誘導するのです。この場合、政治家は「私がやりました!」というのではなく、「人々が自然と行ったこと」を追認するということになります。

他人が与えるのではなく自らが創り上げていく苦労と喜びを人々にもたらします。基本的には目立つ存在ではありませんが、人々の生活を陰ながら支えていく存在です。

(3)慈善家の場合

慈善家は所得の有無に関係なく保育のための税金による手当を地域の人々にばら撒きます。このお金を狙って地域には保育園が建てられていき、保育園同士の一定の競争が発生することで質も担保されます。

このとき、慈善家は「私は誰もが保育園に通える環境を作りました!」と述べるでしょう。しかし、そのための多額の費用は税金から支出されることに変わりはなく、全ての政策に同様のことが実行されれば財政は破綻するでしょう。

以上が、政治屋、政治家、慈善家の違いです。あなたの地域にはどのような議員が多いでしょうか。

政治屋はお涙話が非常に巧みであり、慈善家は聡明な感じがするものです。しかし、私は「政治家」が世の中に増えると良いなと思っていますが、政治家の実績は分かりづらいために有権者の目が肥えることが重要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
スポンサードリンク