2015年11月24日

石破茂大臣宛・地方創生の秘訣は「自由な空気」を取り戻すこと

kuuki


地方創生にとって重要なことは「自由な空気」が存在することです。地方に失われたものは自由な空気であって、地方の活性化を実現したいなら失った最大の地域資源を取り戻すことが重要です。

なぜ、日本の地方は衰退しているのか

地方から若者が出て行ってしまうのは何故でしょうか。仕事が無いから、将来への希望が無いから、その他諸々の理由があると思います。そして、その大きな要素の一つとして「都市には地方には無い『自由』があるから」ということも挙げられると思います。

各地方には特有の地域コミュニティが存在しており地域独自のルールを持っていることは否定しません。

ただし、役所が地域経済の大半を握っており、役所を中心としたピラミッド構造が出来上がっている現状はどうでしょうか。政府が支給する補助金は、地域の序列に従って支配的企業や組織に配分されて、皆がその序列に従ってオコボレをもらう姿を見せられて希望を感じる人はいるでしょうか。

地方は衰退過程で政府支出の増加という誤った施策を採用したために完全に負の衰退スパイラルに入っていることが分かります。

石破茂・地方創生大臣のお膝元「鳥取県」は政府支出が県内総生産の40%を占めており、もはや手遅れ気味ではあるものの、今からでも地方創生の在り方について方針転換すべきです。

そのような経済・社会の有り様から生まれる息苦しさこそが地方から人材が出ていく原因なのです。

ピントが完全に外れた地方創生プランの数々

以前に地方創生関連のセミナーがあり、そこでお会いした役所の外郭団体の人に対して、地方創生関連で自分も役に立てることがあれば協力したい旨を伝えたことがあります。

私の申し出に対する先方の返事は「色々な先生経由で沢山案件を頂いて一杯一杯なので、あなたからの要望には応えられません」というものでした。

自分は相手の方が何を言っているのか一瞬理解できなかったのですが、どうやら私が補助金や助成金をおねだりしていると勘違いされていたようでした。自分はそんなことは一言も申し上げていないし、非常に無礼な話だったと思うのですが、地方創生の現状を端的に表した会話だったと思います。

地方創生については様々なプランが提案されているようですが、地方の特産物を売れるようにしていく計画を役所がワザワザ立案することについて疑問を感じざるを得ません。それが成功したとしても補助金まみれの地域経済が改善されるわけもなく、その過程で生まれる「澱んだ空気」の問題のほうが深刻だと思います。

北朝鮮も世界の独裁者向けの巨大像輸出が特産品として成功していますが、それで地域活性化が成功していると言えるのでしょうか。補助金を使って特産物をPRする前に、補助金まみれの地域運営を変える必要があります。

東京のど真ん中でも補助金まみれの場所には若者は存在しない

仮に東京のど真ん中の地方自治体であったとしても、補助金でジャブジャブになっているような場所に若者はほとんど存在していません。役所が行っている地域振興・商店街振興のような政策に集まってくる人はある程度年配の人ばかりです。

税金で一杯のシチュエーションで若者を見かけるとしたら、役所で働いている若者か、役所に仕事を取りに来ている若者だけであって、若者で役所が関連することに自発的に近付こうとする人は少ないです。

つまり、地方の人々は東京でも失敗しているような補助金に依存した地域振興策を田舎で実行して成功させようとしているわけです。これは若者が何を欲しているのかを全く理解していないことによる無策と言えるでしょう。

地方創生に必要なことは「税制改革」と「規制改革」を断行すること


地方創生のためには長年補助金・助成金によって「澱んでしまった空気」を「自由な空気」に戻していく必要があります。地方自治体内の自由市場の機能を取り戻し、少しづつでも活気を復活させていくことが大事です。

具体的には「地方税を減税すること」「規制改革を断行すること」が重要です。地方自治体が自由にこれらの改革を断行できる制度設計を作ることが地方創生に繋がります。

補助金で創り上げた張り子の経済・社会はそれらのモルヒネが無くなれば終わりです。そして、張り子の経済・社会が偽物であることを敏感に察知した若者は優秀な方から地方を出て行ってしまいます。

地方自治体の住民の代表である首長・議員が本当に地域を活性化したいのであれば、地方自治体を縛る制度設計の全面的な自由化こそ要望するべきです。「澱んでしまった空気」を清々しい気分で活動できる「自由な空気」にしていく努力が望まれます。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 21:00|PermalinkComments(0)国内政治 | 社会問題
スポンサードリンク

政権交代可能な『与党』を求める有権者(選挙のイロハ)

250px-Vote-Box

「政権交代可能な野党が必要」という認識が根本的に間違っている

最近の国政政局の状態を見ていると、本当にピントがずれた議論が野党内で議論されていることが分かります。それは「政権交代可能な野党を作る」という言説です。自分も何度も選挙に関わってきましたが、このような発言を行っている時点で「負け」が確定していることを知るべきだと思います。

「政権交代可能な野党」という言葉は誰にとって意味がある言葉でしょうか。これは現在野党に所属している議員たちにとって必要な言葉(つまり、自らのアイデンティティーの正当化のため)であって、有権者には一切関係が無い言葉です。

そのため、このような言葉を連呼されたところで、有権者の心と打算には響くわけもなく、現在の野党の何を言っても支持率が上がらない迷走状態が継続することになります。

有権者が望んでいるものは「政権交代可能な『与党』」である

政権交代とは野党が与党になるものであり、自らが野党と名乗っている集団を支持する有権者は多くないでしょう。一定のコアなファン層は取れるかもしれませんが、逆説的には「与党」としての意識・能力を見せることが無い限り、野党が大衆からの支持を獲得することは困難です。

現在の野党の最大の問題は、民主党政権の失敗の烙印の影響で、「与党としての能力がない」という認識を有権者にもたれていることにあります。その上、自ら「政権交代可能な野党」と連呼しているのだから支持率が上がるわけがないのです。

有権者が望んでいる政党は「与党の資格がある政党」であり野党の野合ではないということです。有権者は一定の信頼性がある与党に相乗りしたいのであって、勝つか負けるか分からず、しかも政権奪取後の運営が見えない勢力を勝たせることはしばらくないでしょう。

大阪ダブル選挙で「維新」が勝利した理由は「維新が与党」だったから

大阪ダブル選挙で勝利した理由は、現職の知事・市長を擁する勢力であり、なおかつ実質的には官邸との連携が垣間見える「実質的な与党であった」からです。これらの要素は有権者心理に深く影響を与えて、与党体質を持つ自民党の票は分裂し、公明党も自主投票を決定することになりました。

一方、大阪自民党は共産党と組んだことで野合という批判を受けましたが、野合自体は選挙における敗因ではありません。問題は共産党と組んだことによって「野党臭」が強まったことにあります。自民党支持者や一般有権者はあくまでも与党であることを好む環境にあるため、野党としての立ち位置を設定した時点で負けが確定してしまいました。(共産党の支持がダメで公明党の支持がOKな理由は「与党だから」という以外は特にないはずです。)

国政の大阪維新が躍進する単純な理由は「与党」として参加するから

国政においては、大阪維新を「与党の補完勢力」として糾弾する声もありますが、これらは返って逆効果になるものと思います。なぜなら、有権者は「自民党ではない新しい与党を望んでいる」からです。

つまり、現状の政権担当能力がない野党ではなく、政権担当能力がありながら自民ではない、という条件を兼ね揃えた与党こそが、潜在的な国民心理の中で望まれている政党の姿です。有権者は常に「与党」を求めているのであり、野党を求めていることなどないのです。

そのため、国政野党の戦略・戦術・言葉選びは基本的な選挙戦略が間違っており、自らの立ち位置を根本から見直すべきです。有権者から見れば「世間交代可能な野党」と「たしかな野党(共産党)」の間は国会議員が思っているほど違いはないのです。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 17:00|PermalinkComments(0)国内政治 
スポンサードリンク

区議会の話、ただし香港の。

svg

本日は区議会は区議会でも香港の区議会の話を取り上げたいと思います。中華人民共和国内で唯一選挙が行われている地域である香港の動向は、今後の中国の民主化に対して非常に大きな影響があります。

そもそも香港の政治・選挙はどのような制度になっているのか?

香港の政治構造は、(1)実質上の制限選挙によって中国共産党によって選ばれる行政長官、(2)直接選挙と職能団体による間接選挙による半分づつ選ばれる立法会、(3)小選挙区によって選ばれる区議会選挙、という3層構造で構成されています。

主な構図は建制派という中国共産党寄りの民主建港協進聯盟を中心とした政治勢力と民主派とされる民主党を中心とした政治勢力の間での対立が起きています。元々直接選挙枠で大勝した民主派に対抗する形で建制派の政党が結成されて民主派は徐々に政治的に押されている状況です。

行政長官や立法会の普通直接選挙化を求めて政治的な意見が対立しており、直接枠の大幅な増加は議会の3分の2の同意が必要であることから実現していません。

香港の区議会議員選挙が行われた結果として民主派が少し盛り返した形に

今回の区議会議員選挙では雨傘系の学生が55名出馬して8名が当選するという快挙を成し遂げました。全体としては、建制派が民主派の1.8倍程度の議席を有しており、依然として相対的に有利な議席を確保していますが、投票率向上とともに民主派は議席を微増することになりました。

香港は区議会には実際の権限はほとんどないため、意見を述べる参考機関という形式になってしまいますが、それでも退潮が続いてきた民主派の久しぶりの増加によって潮目が少し変わってきた可能性があります。

香港はアジアの自由の灯台、日本にとっても重要な政治的な場所である

香港はアジア全体にとっての自由の灯台であり、香港から民主派の声を消すことがあってはなりません。香港では、民主派の書物を扱っていた書店員が姿を消す事件が発生しており、言論統制・言論弾圧が進んでいる状況があります。

日本はこれらの中国当局による自由・民主に対する弾圧行為に対して積極的に意見を述べていくべきであり、欧米などを巻き込む形で中国国内の自由化・民主化を進めるべく声を上げていくことが望まれます。

中国大陸にアジアの運命を決める、自由主義・民主主義の灯台が存在することを日本の多くの人々にもっと意識してほしいと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
スポンサードリンク