2015年11月14日

私がフランス大使館前で献花した5つの理由

12250617_933691633373620_1461574092_o
(写真はフランス大使館前、カメラ光は大使館前で取材中の大手メディアのものです。)

2015年11月14日午後6時、私はパリで同時多発的に発生したテロの犠牲者への哀悼の意を捧げるべく、フランス大使館前に献花を行いました。一市民である自分が何故このようなことを行ったのか、下記に5つの理由を述べさせていただきます。

(1)犠牲者への哀悼の意を捧げること

今回のテロでお亡くなりになられた皆様への哀悼の意を、フランスの方々に日本人として直接何らかの形で示したかったからです。

私自身も海外に出かけることも多く、フランスにも一昨年訪れた経験があり、パリにも友人や知人も住んでいます。平和に暮らす人々が突然命を奪われたことに強い怒りを覚えつつ、その犠牲者となられた皆様への思いを表現させて頂きました。

(2)自由社会への挑戦であるテロに屈してはならないこと

テロは私たちの社会を構成する「自由」という価値観を脅かし、理不尽な暴力で生命・財産を奪う行為です。

自由と民主主義を標榜する日本人として私たちの社会を構成する価値観への挑戦に対して屈さない意志を示す必要があります。そのため、遠く離れたフランスの地にいる自由と平和を愛する仲間への連帯の意志を示させて頂きました。

(3)国会議員・地方議員のFBやTwitter配信内容に義憤を感じたこと

本来であれば、犠牲者への哀悼の意やテロに屈さない意志は、国会議員などの皆さまが強い決意を持って意見表明されるべきだと感じています。なぜなら、これはテロリストと私たちの社会の「価値観」の衝突だからです。

しかし、私が、FB、Twitter、報道を見ている限り、誰一人として自らの行動としてフランス大使館まで出向いて連帯の意志を示そうという方がいませんでした。既に公務がある場合や地元で予定があることは理解しますが、このような時に国際社会に日本人の代表として意思表明(価値観を表明する)をせずに一体いつ行うのでしょうか。

日本の国会議員のあり方に義憤を感じ、私自身も夕刻以降の予定はキャンセルし、フランス大使館前に向かわせて頂きました。正直申し上げまして、私の微力な行為がどれだけ意味があるかは分かりませんが、この理由が最も大きな理由です。

(4)TVメディアの報道内容を論じるよりもメッセージの発信が大事だということ

テロの第一報が入って以来、ネット上は平常運転でくだらない内容を流し続けるTVの報道内容の是非の話題で盛り上がっていたように思います。しかし、TVが社会の木鐸としての役割を放棄するなら彼らは勝手に廃れて滅んでいけば良いだけのことです。

そのような不毛なメディアについて是非を論じるよりも、まず優先事項として、日本人としての態度、そして自由を標榜する諸国との連帯する意志を示すべきだと感じました。だから、報道に対する受け手の姿勢ではなく、自らが主体的に動こうと思ったことも動機の一つです。

(5)国内の反動勢力の言論へのアンチテーゼを示したかったこと

このような事件が起きた後、国内ではこれに乗じて警備の強化などを名目として、国民の自由を制限する意見が多数出てくることになるでしょう。

私はテロリストには断固たる対応を行うべきだと思っています。しかし、明確に申し上げますが、「テロと戦うこと」と「国民の自由を制限すること」は全く異なる行為です。むしろ、国民の自由を制限する行為は、私たちの社会の価値観を放棄し、テロリストに対して譲歩するということを意味します。

テロリストにとっては世界中を半戦争状態とし、私たちの社会から自由の価値観を奪うことが政治的な勝利なのです。たとえ、テロリストを全員捕らえて罰したとしても、私たちの自由が社会から無くなっていれば私たちの負けなのです。

この場を借りて、私たちの社会の内部から現われる「自由の価値観を放棄しよう」という声に対して明確に抗する意志を述べさせて頂きます。

最後に、多くの日本人にフランスで自由のために戦う人々を精神的に支える表明をしてほしい、と思います。この戦いは自由の価値観に対する戦いであり、私たちが連帯の意志を示すことが最も有効なテロへの対抗手段となります。

テロリストの暴力では私たちの社会を変えることはできません。私たち自身が自由を放棄したときにテロリストが勝利することになるのです。この戦いは既にフランスだけでなく日本でも始まっているのです。





 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 20:59|PermalinkComments(0)アジア(中東) 
スポンサードリンク

大人の教科書(1)I,pencil(吾輩はペンである)

i-pencil

自由市場の仕組みを説明することの重要性は軽視されがちです。私たちは自分たちが身の回りで使用している、ちょっとしたモノやサービスがどのように提供されているかを知りません。しかし、それでも社会は回っています。それは何故でしょうか。

I,pencil(吾輩はペンである)という超有名動画

このような疑問に答えるための教育サービスが世界には存在しています。米国で自由市場の仕組みを理解するための動画として良く使用されているものです。

I,pencil(吾輩はペンである)*英語(ただし、動画を見ると意味は大体分かります。)
https://www.youtube.com/watch?v=IYO3tOqDISE

この動画はFoundation for Economic Education (FEE)の創設者であるLeonard Edward Read さんが作成したものをベースとして作られたものです。

1本のペンが出来るまでの物語は色々な人々の無意識の行為の集合であることが示されており、商品価格を統制したり、その他の要素に制限をかけることの不可能性について表しています。

自由市場の当たり前のの機能を知ること

自由市場を否定して政府の力を信じる人が非常に多いですが、政府が実行できることは機能的に動いている市場の動きを歪めることだけです。

自由市場に関する教育を中学生ぐらいの頃から導入することは、学生に優れた識見を与えてくれることになるでしょう。大学では自由市場の話は通り一遍のミクロ経済学の授業で習うくらいですが、日本の大学の教養課程くらいでは最低限のレベルとして教えたほうが良いと思います。

リバタリアン宣言 (朝日新書)
蔵 研也
朝日新聞社
2007-02




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 14:45|PermalinkComments(0)大人の教科書 
スポンサードリンク

民主主義ってなんだ、投票することだ!


無題


様々な方が語る「民主主義ってなんだ」に触発されて、自分も有権者の立場から民主主義について語ってみたいと思います

議員から見た民主主義は、音喜多駿氏

行政官から見た民主主義は、水谷翔太氏

運動家から見た民主主義は、シールズの皆さん
  
民主主義とは「投票すること」である

記事タイトルは当たり前過ぎる事実だと思うかもしれません。ですが、私はその当たり前のことが軽視されている現状に危機感を覚えているのです。

上記の記事の皆さんは、再分配先を決定したり、予算を調整したり、直接行動としてデモをやってみたり、と「意思決定そのもの」の世界の住人です。いずれも「一人の有権者」という立場から程遠い議論で、大半の「一票投じるのみ」の有権者にとっては直接関係がありません。

大半の有権者は「選挙で一票投じること」が民主主義への参加方法です。他の方法はいずれも個人で行うにはコストがかさみ過ぎて通常の生活を送ることを前提にすれば実行困難です。

まあ、社会のどういう階層の、どういう家の子でも、ある一定の立場を得るために必要な記憶力と根気さえあれば、議員にも、区長にも、デモ活動家にも成り得るという坂の上の雲ライフはありません。くれぐれも関係者には普通に暮らす有権者の感覚を取り戻してほしいと思います。

そこで、大半の有権者に重要なことは「投票」の意味を学びなおすことです。自らの「投票」という行動がどのような機能を果たしているのかを理解することで、民主主義に手軽かつ意味がある形で参加できるのです。

「有権者が投票で選んだ議員」の過半数で物事を決める

民主主義は議会全体の議席の過半数を取るゲームです。ゲームに勝った議席の過半数を取った人々が自分たちの意見を他の人々に押し付けることができます。(ちなみに、民主主義の多数決に対して、「少数意見を尊重する考え方」は『自由主義』なので民主主義とは完全に別物です。)

民間企業では発行株式の過半数を掌握することによって経営権を手に入れることができます。また、少数派も一定割合を確保することによって、少数株主としての一定の権利を行使することができます。

民主主義も全く同じであり、選挙というルールに従って投票した結果、議会の議席は各議員に割当られることになります。この際、過半数の議席を制した政党が政府の経営権を握ります。過半数に届かなかった政党は議席数に応じて議会のルールに従った権限を行使できます。

株主総会のソーシャル版(投票バージョン)が民主主義ということになります。政党に所属する議員は各有権者から集めた投票によって代理人としての地位を確保し、自らの支持者との約束に従って議決権を行使することになります。

有権者は上記の代理人を選ぶために投票を行います。ちなみに、政党は機関投資家の地位にあり、無所属議員は個人運営の少数ファンドとして議会に参加しています。どちらも有権者から「株式」の代わりに「票」という「委任状」を預かって議席についています。

各政党に与えられた議席の配分に従って、自分以外の投資家(有権者)に自分たちの理想とする価値観を体現した政策を押し付ける場が議会における多数決の瞬間です。予算も法律も全て多数決で決定しています。

ちなみに、投票を放棄することは、他人の意見を全部自分に押し付けられて構わない、という意思表示に他ならず、株主が自分の株券を捨てるようなものです。棄権者に手加減してくれるような軟弱な参加者は株主総会にも議会にも存在しません。

民主主義に参加するための様々な一票の入れ方について

政党・議員は有権者に対して政策などを示して政府の運営プランを発表します。彼らは機関投資家である保険会社の営業マンのように自分の政党のプランが貴方にとって良いものであると提案してくれます。

この際、有権者が徒党を組んでいる場合(たとえば、業界団体や労働組合など)、政党・議員は団体様向けの特別なプランを提示してくれることがあります。投票に際して、あなたが所属している組織・団体が推薦する候補者に投票することは、所属法人が保険会社と交渉して用意したプランに乗って資金運用するようなイメージです。政党は組織・団体に所属している有権者向けに様々な政策メニューを用意してくれるでしょう。

また、あなたが町内会で良く顔を見る地元代表の議員に投票することは、地域にベタで張り付いている営業マンの人柄を見て購入を決めるようなものなので、それはそれで一つの選択と言えます。

ちなみに、あなたが完全に浮動票の部類に属する場合は、政党・議員にとってあまり美味しいお客様ではありません。そのため、街頭演説などでのバラマキ宣伝で対応されることになります。(つまり、マス広告で引っかかる個人契約者的な扱いになります)もちろん通常の場合は有利な条件の商品の提示はありません。

個人でも議員に舐められない投票の仕方を伝授する

徒党を組まない有権者(浮動票)は、真面目に投票して民主主義に参加しても舐められるだけなのでしょうか?

答えはYesです。政党も議員も徒党を組まない有権者について非常に軽く見ています。大企業が個人株主を相手にしていない状況とほぼ一緒と言えるでしょう。投票率が上がれば浮動票全体としての価値は上がりますが、あなた個人の有権者としての価値は上がりません。

しかし、そんな浮動票な投票者であっても議員に一目置かせる方法はあります。それは、投票場で投票するときに候補者の名前を記入した後の用紙を写メで取って、駅前で演説している議員に見せつけることです。そして、「私はあなたに〇〇の理由で投票しました。今後しっかり見ていますので宜しく」と伝えて下さい。

議員はぐうの音も出ませんし、あなたの意向もばっちり相手に伝わります。そういう人がドンドン増えていくことで、政党や議員の議会での投票行動に影響を与えていくことが重要です。水戸黄門の印籠のように携帯の中に保存した写メを議員に見せつけてください。

民主主義を大いにエンジョイするために、あなたの一票の価値の最大化に是非とも取り組んでほしいと思います。みなさまの「投票」が良きものとなりますよう心よりお祈り申し上げます。

現代議会主義の精神史的地位 (新装版)
カール・シュミット
みすず書房
2013-05-17


当確師
真山 仁
中央公論新社
2015-12-18




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:00|PermalinkComments(0)国内政治 | 社会問題
スポンサードリンク