2015年11月16日

何故、テロ行為と対テロ戦争を相対化してはならないのか

lgf01a201409150200

日本の言論空間に溢れかえったテロ行為と対テロ戦争を相対化する有識者たち

日本の言論空間ではテロ行為と対テロ戦争を混同し、米国らの対テロ戦争によってテロ行為が増加しているという発言が溢れかえっています。また、そこまで言わなくても、あえてテロ行為を相対化することに理解を示し、自らが中立性を持った発言を行っていると思いこんでいる人も見かけます。

私の立場は、テロリストはいかなる理由があっても許されるものではない、というものです。そして、対テロ戦争とテロ行為は全く異なるものだと見做しています。また、テロが発生する原因として強圧的な政治体制の中で自由市場や平和な環境へのアクセスが難しいことを重視しています。

ISISのような専制的な支配体制を敷く政治勢力を打倒することで、将来に渡ってテロの発生源を断つことが重要です。それらの政治体制そのものがテロを生み出す温床だからです。

テロの発生原因と戦後構築の失敗を同一視することのではなく、専制的な支配体制の除去を行った上で、戦後構築の手法を見直すことが大切です。

一般のムスリムをテロリスト予備軍と見做していることに気が付くべき

対テロ戦争の犠牲者が発生してしまうことは非常に痛ましいことであるものの、そのことを理由として誰でもテロリストに成り得るという考え方は「現在、テロリストではない一般のムスリムの全てをテロリスト予備軍」と見做すものです。

自由市場や平和な環境へのアクセスが断たれた状況によって、暴力によるテロリズムへの動機が生まれるとする立場から見た場合、テロリストと一般のムスリムを峻別して考えることは極めて重要です。

テロリズムの発生原因を個人化する相対化の言説は、一般のムスリム全てがテロへの動機を持っているとみなす考え方に繋がるため、極めて有害かつ無思慮なものだと思います。

テロの発生原因は政治的・社会的なものであって、宗教的・個人的なものではないものとして対応するべきです。前者は排除可能な要因であり、後者は排除不可能な要因です。後者を強調することは、消すことができない偏見を人々にまき散らすことになります。

日本の「有識者」は「相対化」ではなく「切り分け」の視点を身に付けるべき

日本では、有識者とされる人々は視点の相対化を通じて、一般の人々を煙に巻いて有利な言論的ポジションを確保することが常ですが、相対化は物事を何も解決できないだけでなく、ある種の問題を引き起こすこともあることを自覚するべきです。

また、物事を解決していく際には「相対化」ではなく「切り分け」が重要であることは、一般のビジネス社会では常識だと思います。事象を相対化しているだけでは物事は遅々として進まず、事象の切り分けを行うことで初めて解決可能な問題に取り組むことができます。

事象を理解する際に多くの視点を持つことも有用ではありますが、集めた情報をそのまま並べることが何を意味するのか、ということについて、もう少しだけ深く考えるべきだと思います。




 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 13:40|PermalinkComments(0)社会問題 
スポンサードリンク

大阪W選挙、おおさか維新の会圧勝予測!新たな局面へ!

20151101-OHT1I50004-T

大阪府知事選挙の公示日に、「大阪W選挙は野党第一党を実質的に決定する選挙(http://yuyawatase.blog.jp/archives/38168.html)」という記事を書きました。各種メディアの世論調査で「維新」の勝利見通しが伝えられる中で、今後野党側の勝ち馬に乗りたい組織票が松井氏・吉村氏に流れていくことが予想されます。

おおさか維新の会・全国進出は秒読み態勢へ

既存の全政党の組織票の連合を打ち破った「おおさか維新の会」の奔流は一気に全国に拡大することになるでしょう。今回の選挙で明らかになったことは橋下氏の影響力は市長引退宣言後も落ちるどこか拡大を続けているということです。

私もおおさか維新の会が配布しているビラを見ましたが、極めて分かりやすく卓越した争点設定であり、既存政党連合よりも明確な主張構成になっています。また、橋下氏の演説やTwitterでの発言なども争点形成能力に優れており、大阪市長選挙に関しては橋下氏がほぼ一人で全政党を押し切った形です。

橋下氏が大阪府知事・大阪市長という公職に縛られて対外遠征が出来なかった状況から、全国を自由に飛び回れる状況なった場合、都市部においては他政党は簡単に駆逐されることになるでしょう。橋下氏が選挙に割ける時間がほとんど無かった従来までの「維新」と同じものであると想定することは完全な誤りです。

橋下氏自身が口説いて回れば衆議院300小選挙区と参議院選挙区候補者を擁立していくことは可能です。維新の潜在的なポテンシャルはかなり高い状況にあります。

混乱が拡がる左派系野党の再編の行方は

一方、前回の記事では民主党はおおさか維新の全国進出について危機意識が無さすぎるとしましたが、その後の展開で野党再編が急ピッチで進み始めたようです。既存政党連合が木っ端微塵になることが明らかな中で、最も組織力が弱い民主党が崩壊することは必然的なことです。

党執行部と解党派の意見対立の背景には小沢一郎氏に対する考え方の不一致が出ているように思います。民主党時代に小沢氏を放逐した民主党現執行部にとっては小沢一郎氏を含んだ野党再編路線は受け入れがたいと思います。

解党派の一部はおおさか維新と組む可能性もありますが、おおさか維新は単独でも十分に力があることから、むしろ左派系野党の四分五分している状況は自らの柔らかい脇腹を晒している状況となっています。(場合によっては解党派の一部は自民入りも考えられると思います。)

いずれにしても小沢一郎氏、共産党、おおさか維新との距離の取り方など、民主党を中心とした左派系野党の混乱は深まり続ける印象が強いです。

冷戦型二大政党から保守系二大政党時代の幕開けへ

私はおおさか維新の会は、民主党解党組と適当な距離を取りながら、自民党との関係を深める方向で進んでいくと予測しています。なぜなら、大阪において全組織政党を破った力、橋下氏が選挙に専念して全国を飛び回れる状況という2つが組み合わされば、既存の左派系野党と連携する必要がないからです。

第三極が最も勢いがあった2012年衆議院選挙の比例票では、みんなの党は524万票、日本維新の党は1226万票を獲得して第三極の合計として1750万票を獲得しています。同選挙において自民党1662万票、民主党962万票、共産党368万票という状況でした。おおさか維新が小選挙区で候補者を立てられる場合、民主党も共産党も不要です。

また、おおさか維新が具体的な政策を実現するためには与党である自民党との連携は不可欠であり、自民党側も保守系の改憲勢力で自党以外に十分な議席を獲得できる保守系政党が初めて形成されたことを歓迎するでしょう。

大阪W選挙勝利は、自民党と民主党(社会党の実質的な後継政党)の冷戦型二大政党の時代が終わることを意味しています。もはや既存の枠組みで政局を捉えること自体が不毛なことになるでしょう。

これからの日本は保守二大政党の時代の幕が開け、現実的に政権交代可能な保守系政党による政治運営がなされていくことになることが予想されます。日本にとっては非常に良いことだと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 12:00|PermalinkComments(0)国内政治 
スポンサードリンク

マルコ・ルビオ上院議員、米国共和党予備選挙で注目

800px-Marco_Rubio,_Official_Portrait,_112th_Congress

前回記事「支持率の変化から見た共和党大統領予備選挙」ではデータから共和党大統領予備選挙の各候補者の数字の推移を追いました。本日は実際に米国において各候補者の姿を見聞してきた印象をまとめてみたいと思います。

日本の米国研究者のピント外れな予想としての「ブッシュ」

2016年共和党の大統領候補者を選ぶ予備選挙について、日本の米国研究者はブッシュ氏を大本命として推してきていました。

たまに日本人の米国研究者と偶然に席を持つことがありますが、その際に「今回は保守派が強い」という話をしても彼らは鼻で笑いながら「僕らのコミュニティでは(穏健派の)ブッシュという予想になっています」と述べていたものです。(実際、米国研究者は「知ったか」が多く、あまり当てにならない印象があります。)

しかし、私は今年2月末に実施された共和党保守派の集会であるCPAC(Conservative Political Action Conference:大統領予備選候補者が全員参加する大演説会)に参加した感想としてブッシュ氏はかなり難しいという印象を受けました。

たしかに、ブッシュ氏が講演したメイン会場では多くの立ち見が出ている状況ではありましたが、ブッシュ氏の演説自体はイマイチ迫力に欠けるものであり切れ味がありませんでした。一方のドナルド・トランプ氏は大量のSPに囲まれてホテルに登場して圧倒的な威圧感を周囲に与えていました。この段階で両者の間には風格としてかなり差がついていたと思います。

勿論、現段階では最終的な候補者は確定していないため、ブッシュ氏が盛り返す可能性は0%ではありませんが、現地で見た空気感としては2月末段階からブッシュ氏の現在の低迷はある程度予想できました。

ブッシュ氏の凋落ぶりは激しくケーシック氏などの他穏健派候補者にスイッチされる可能性すらあります。

マルコ・ルビオというダークホースの登場

私自身は現在の有力候補となっているマルコ・ルビオ氏については2012年から注目してきました。

「共和党の大統領候補者選び、カギはマルコ・ルビオ氏!?」(日経ビジネスオンライン、2012年)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120220/227382/?rt=nocnt

2012年当時は保守派の筆頭格のような扱いを受けていたマルコ・ルビオ氏ですが、ヒスパニック移民に対する態度の軟化を保守派に非難されてから、保守派の色を残しつつ穏健派の取り込みを行う巧みな選挙戦略にシフトしてきました。

ブッシュ氏の低迷はマルコ・ルビオ氏のスタンスの変化が影響している部分も大きく、仮に穏健派の候補者が勝つにしても、現状はマルコ・ルビオ氏のほうがブッシュ氏よりも優勢な状況にあります。最近ではウォール街もブッシュ氏を切ってマルコ・ルビオ氏に乗り換える動きが出ています。

また、マルコ・ルビオ氏の特徴はキューバ移民の子どもでバリバリのたたき上げだということも大衆受けの面から大きな要素です。対立候補であるトランプ氏が持っているアメリカンドリームの魅力も兼ね揃えた候補者として強力だと思います。

ベン・カーソン、ランドポール、カーリー・フィオリーナなどの保守派候補について

ベン・カーソン氏とランド・ポール氏は今年のかなり早い段階からキャンペーンを開始していました。私自身は実際にランド・ポール氏とは直接お会いしたことがありますが、非常に真摯な印象を受けた記憶があります。

ランド・ポール氏に関しては、父のロン・ポール氏とは政策が違うことから仲違いしたこと、ケートー研究所が支持を撤回したことなど、コアなファン層を持つものの、現状から挽回することはかなり難しい印象です。

カーリー・フィオリーナ女史に関しては唯一の女性候補者として目立つ存在ではありますが、実際の見た感じではやや尖がった感じを受けたため、支持がどこまで拡大できるかは今一つ疑問だと思います。

穏健派に比べて保守派はメディアがかなり敵対的なスタンスを取るために支持率があがると、大規模なネガキャンが直ぐに開始されます。トランプ氏以外の保守派候補者は早い段階で有力という名前が挙がることは危険なことだと思います。

共和党大統領予備選挙は何故これほどまでに複数の候補者が出るのか

米国民主党の候補者レースがヒラリーとサンダースの2名に絞られているのに対し、米国共和党の候補者が複数出馬する理由は「共和党の人材の層の厚さ」「共和党の草の根団体の独立性」の2点が挙げられると思います。

米国共和党は米国民主党と比べて分散的なネットワーク型の草の根組織で支えられています。そのため、候補者も多様なメンバーが発掘されやすく、また一部の権力者による候補者選びが極めて難しい環境があります。

まさに、共和党の大統領候補者選びこそが米国の自由で民主的な空気を体現したものと言えるでしょう。米国共和党の大統領予備選挙の現状を参考とし、日本の政党の党首・代表選挙も改善されていくことが望まれます。

「保守革命」がアメリカを変える
グローバー・G. ノーキスト
中央公論社
1996-06




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
yuyawatase at 07:00|PermalinkComments(0)米国政治 
スポンサードリンク